高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!機械を動かす動力の開発!

2
Movie size

5分でわかる!機械を動かす動力の開発!

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

機械を動かす動力の開発!

高校世界史 イギリス市民革命4 ポイント2 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの2つ目は「蒸気機関の発明」です。
ポイント1では 織機紡績機 など、綿製品を大量生産するための「機械」を紹介しました。機械を使うことで綿織物の生産はうんと楽になりましたが、機械は 勝手に動くわけではありません。 動かすためには 動力 が必要なのです。ポイント2では、機械を動かすために開発された 動力 に注目します。

蒸気機関の発明

lecturer_avatar

18世紀のイギリスでは 蒸気機関 が実用化されました。蒸気機関とは、 蒸気が持っている熱エネルギーを利用して機械を動かす装置 です。こちらを見てください。

「蒸気機関」見出し+テキスト+イラスト

lecturer_avatar

蒸気機関を考案したのは、イギリスの技術者 ニューコメン でした。ニューコメンが蒸気機関を実用化し、さらに ワット という人物が改良することで、蒸気機関の技術が確立されました。ワットが改良した蒸気機関は、様々な機械の動力として使用されるようになります。

鉄工業の発達

lecturer_avatar

機械の発達に伴い、機械を作るための材料である を製造する 鉄工業 の分野でも発達が見られました。こちらを見てください。

「鉄工業」見出し+テキスト

lecturer_avatar

18世紀の初め、 ダービー父子コークス製鉄法 を開発しました。石炭の不純物を除外することで、高温燃焼を可能にする製鉄技術です。高温燃焼が可能になったことで、旧来よりも純度の高い鉄を製造することができるようになりました。

蒸気船の登場

lecturer_avatar

ワットが改良した 蒸気機関 は様々な機械に使われるようになります。その代表例が です。産業革命期には、蒸気機関を使って船を動かそうという試みがありました。こちらを見てください。

「交通革命(蒸気船)」見出し+テキスト+イラスト

lecturer_avatar

アメリカの発明家 フルトン は、 蒸気船 の建造に成功しました。蒸気船はどんどん改良され、19世紀前半には 大西洋横断 に成功したのです。

蒸気機関車の登場

lecturer_avatar

蒸気機関が利用されたのは船だけではありません。 機関車 にも使用されました。こちらを見てください。

「交通革命(蒸気機関車)」見出し+テキスト

lecturer_avatar

イギリスの鉄道技術者 スティーヴンソン は、1814年に 蒸気機関車 を作りました。1825年には ストックトン~ダーリントン 間で試運転がなされ、1830年には マンチェスター~リヴァプール 間で営業運転が行われるようになりました。

lecturer_avatar

蒸気船や蒸気機関が発明されたことで、イギリスの交通環境は大きく発展しました。これを 交通革命 といいます。蒸気機関や鉄工業の発達と合わせ、産業革命の内容をしっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

機械を動かす動力の開発!
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      イギリスの市民革命

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B