高校生物基礎
高校生物基礎
5分で解ける!セントラルドグマ:翻訳に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!セントラルドグマ:翻訳に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 遺伝子8 練習 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

「3個1セットの塩基」に「1つのアミノ酸」

高校 生物基礎 遺伝子8 練習(1)

lecturer_avatar

タンパク質を構成しているのはアミノ酸で、mRNAの塩基配列からアミノ酸が指定されました。変換される過程では、3つの塩基に基づいて、1つのアミノ酸が決まりましたね。

高校 生物基礎 遺伝子8 練習(2)

lecturer_avatar

mRNAによって指定されたアミノ酸は、アミノ酸同士によりペプチド結合でひも状に連なっていきます。

高校 生物基礎 遺伝子8 練習(3)

lecturer_avatar

DNAの情報がRNAに変換され、タンパク質になる一連の流れのことをセントラルドグマと言い、DNAからRNAの過程は転写と呼びました。そして、RNAからタンパク質への過程は何と呼ばれたかというと、翻訳でしたね。

答え
高校 生物基礎 遺伝子8 練習(2)
Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

セントラルドグマ:翻訳
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝子

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          遺伝現象と遺伝子

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎