5分でわかる!アベリーの実験

193
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の要点まとめ

ポイント

アベリーの実験

高校 生物基礎 遺伝子2 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、遺伝子の本体がDNAであることを証明する 「アベリーの実験」 を解説していきます。
前回の授業では、グリフィスの実験で形質を変化させた 遺伝子の本体は熱に強い物質である ことがわかっていましたよね。つまり、遺伝子の本体がDNAである可能性があるということでした。

lecturer_avatar

アベリー は、 遺伝子の本体がDNAであることにさらに迫った実験 を行いました。

熱を加えず、DNAとタンパク質に分ける

lecturer_avatar

アベリーもグリフィスと同様に肺炎双球菌を使って実験を行いました。まずは、鞘と呼ばれるカプセルをもつS型菌を大量に培養し、熱を加えずにすりつぶすことで、S型菌を殺しました。

高校 生物基礎 遺伝子2 ポイント1 左から2つ目の図まで
lecturer_avatar

この 熱を加えずに というところが大切です。熱が加わっていないため、DNAはもちろんのことタンパク質も性質が変わることなく、図のように DNAタンパク質 を含む溶液を作ることができるのです。

高校 生物基礎 遺伝子2 ポイント1 左から3つ目の図まで 3つ目の図に付随するテキストや矢印は不要

DNAの溶液から、"死滅したはず"のS型菌が検出

lecturer_avatar

さらにアベリーはタンパク質とDNAを分解し、それぞれに 生きたR型菌 を加えて培養しました。R型菌は、S型菌と異なり、鞘をもたないタイプの菌です。

高校 生物基礎 遺伝子2 ポイント1 囲み以外
lecturer_avatar

その後、2つの試験管に含まれる肺炎双球菌の種類を調べました。S型菌はすでに死んでいるので、形質転換が起こらない限り、いずれの試験管からもR型菌だけが検出されるはずですね。

lecturer_avatar

結果を見てみると、 タンパク質だけを含んでいる溶液からは、R型菌だけ しか検出されませんでした。

lecturer_avatar

しかし、 DNAだけを含んでいる溶液は、一部にS型菌 が検出されたのです。

lecturer_avatar

このことから、 DNAがあるときのみ、一部に形質転換が見られる ということがわかります。この 「一部に」 という部分は重要です。すべてが形質転換したわけではなかったのですね。

高校 生物基礎 遺伝子1 ポイント1すべて
lecturer_avatar

アベリーの実験により、形質転換は DNA によって起こることがわかり、遺伝子の本体はDNAだということが明らかになったのです。

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

逆転合格セミナー
アベリーの実験
193
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー