高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!実験に用いたウイルス

41
Movie size

5分でわかる!実験に用いたウイルス

41

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

実験に用いたウイルス

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は遺伝子の本体がDNAであることを証明した4人のうちの残った2人、 ハーシーとチェイスによる実験 について解説していきます。

lecturer_avatar

アベリーの実験により、遺伝子の本体はDNAであることが明らかになりましたね。しかし、アベリーの実験ではタンパク質とDNAを分ける際に、抽出液に他の物質も含まれてしまっていました。そこで、ハーシーとチェイスの2人が、より詳しい実験を行ったわけです。

タンパク質とDNAからできたT2ファージ

lecturer_avatar

ハーシーとチェイスの実験は、 T2ファージ というウイルスを使いました。

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント1
lecturer_avatar

T2ファージはとても特徴的なウイルスで、図のように六角形とその下の足のようなものは全て タンパク質 でできており、この六角形の中に DNA が含まれています。

lecturer_avatar

T2ファージは、 タンパク質とDNA以外の物質を全く含んでいない ため、実験において 純粋なタンパク質とDNAに分離 することが可能となりました。

lecturer_avatar

ハーシーとチェイスの実験のポイントは、 タンパク質DNA のみでできた T2ファージ を用いたということが挙げられます。

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント1 全部埋める
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

実験に用いたウイルス
41
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。