高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!ハーシーとチェイスの実験

5
Movie size

5分でわかる!ハーシーとチェイスの実験

5

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ハーシーとチェイスの実験

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント3 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ハーシーとチェイスのT2ファージを使った実験について説明します。彼らは、T2ファージが大腸菌に感染するとき、 タンパク質とDNAのどちらが注入されるのか 、を調べ、 注入されたものこそが遺伝子の本体である という観点で実験を行いました。

DNAが大腸菌の中に注入されたことを発見

lecturer_avatar

実験では、タンパク質に標識をつけたT2ファージ(図の左上)と、DNAに標識をつけたT2ファージ(図の左下)の2種類を用意しました。

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント3 図の左から2番目まで
lecturer_avatar

これらを大腸菌に感染させたあと、液を軽く攪拌します。すると、T2ファージは大腸菌から外れることになります。さらにこの液を遠心分離して、大腸菌を液に沈殿させます。

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント3 囲みのぞく
lecturer_avatar

その結果、沈殿した大腸菌から標識が検出されたのは、図の下側の DNAに標識をつけたものの方 でした。図の上側のタンパク質に標識をつけた場合は、T2ファージのタンパク質の殻が漂う上澄み液にのみ標識が検出されたのです。

lecturer_avatar

つまり、T2ファージが感染して大腸菌の中に注入したものは、まぎれもなく DNA であったことがわかりますね。こうして 遺伝子の本体がDNAである ことが証明されたのです。

高校 生物基礎 遺伝子3 ポイント3 すべて
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

ハーシーとチェイスの実験
5
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。