高校生物基礎
高校生物基礎
5分でわかる!DNAの分子構造の発見

17
Movie size

5分でわかる!DNAの分子構造の発見

17

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

DNAの分子構造の発見

高校 生物基礎 遺伝子5 ポイント1 答え全部

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

今回は、DNAがいったいどのような立体構造をしているのか、詳しくみていきます。

ウィルソンとフランクリンによる解析

lecturer_avatar

DNAの立体構造を調べるために実験を行ったのが、 ウィルキンスフランクリン の2人の科学者です。

lecturer_avatar

2人は、核の中に入っているDNAに X線 を当てて、その構造について解析しました。しかしながら、この時点では、 「DNAは細長く、らせん構造かもしれない」という予測 しか立てることができませんでした。

高校 生物基礎 遺伝子5 ポイント1 写真と2行目まで

DNAは「二重のらせん構造」

lecturer_avatar

そこでこれらの結果を踏まえて、また新たな科学者が実験に取り組みます。それが ワトソンクリック です。

lecturer_avatar

ワトソンとクリックは実験によって、 アデニンとチミン、グアニンとシトシンがそれぞれ結合して、二重らせん構造をとっている のではないかと考えました。

lecturer_avatar

さらにワトソンとクリックは様々な実験を行い、ついに1953年に「DNAは 二重らせん構造 である」ということを発表しました。

高校 生物基礎 遺伝子5 ポイント1 カッコ全部埋める
lecturer_avatar

上の写真のような、DNAの二重らせん構造を、みなさんも見たことがあるのではないでしょうか。次のポイントでは、この二重らせん構造について、詳しくみていきましょう。

Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

DNAの分子構造の発見
17
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝子

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          遺伝現象と遺伝子

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎