高校化学基礎
高校化学基礎
5分で解ける!物質の変化(テスト9、第1問)に関する問題

6
Movie size

5分で解ける!物質の変化(テスト9、第1問)に関する問題

6

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

演習1

高校 理科 化学基礎 物質の変化43 演習1 答えなし

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

今回は、確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習しましょう。

lecturer_avatar

演習1は、酸化還元反応でないものを選ぶ問題です。
みなさんは、初めて見るタイプの問題かもしれませんね。
しかし、そんなに難しいわけではありません。

高校 理科 化学基礎 物質の変化43 演習1 答えなし

酸化還元反応では、必ず酸化数の変化がある

lecturer_avatar

酸化還元反応とは、 酸化数の増減 を伴う反応のことでした。
つまり、 「酸化数が増減していなければ、酸化還元反応ではない」 と言えます。
①~③の式について酸化数を調べていきましょう。

lecturer_avatar

①です。
まず、Cuは反応の前後で 0→+2 と増加しています。
次に、Oは反応の前後で 0→-2 と減少しています。
酸化数の増減があるので、 ①は酸化還元反応です。

lecturer_avatar

②です。
Clは反応の前後で -1→-1 と変化していません。
NaやO、Hなども、 酸化数に変化はありません。
よって、 ②は酸化還元反応ではありません。
よく見てみると、塩酸と水酸化ナトリウムの中和反応でしたね。

lecturer_avatar

③です。
Mnは反応の前後で +7→+2 と減少しています。
Oも反応の前後で -1→0 と増加しています。
よって、 ③は酸化還元反応です。
ちなみに、過マンガン酸カリウムは、非常に有名な酸化剤でしたね。

lecturer_avatar

以上より、答えは、 となります。
酸化還元反応においては、 酸化数が非常に重要 なのですね。

高校 理科 化学基礎 物質の変化43 演習1 答えあり
Igarashi
この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

物質の変化(テスト9、第1問)
6
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          酸化と還元

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎