高校化学基礎

高校化学基礎
5分で解ける!物質の変化(テスト7、第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!物質の変化(テスト7、第2問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習2

高校 理科 化学基礎 物質の変化33 演習2 すべて答えなし

解説

これでわかる!
問題の解説授業
lecturer_avatar

演習2は、中和滴定の実験に関する問題です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化33 演習2(1)のみ 答えなし

ホールピペットは、一定体積の液体をはかり取る実験器具

lecturer_avatar

(1)は、実験器具の名前を答える問題です。

lecturer_avatar

Aは、 一定体積の液体をはかり取る ために用いられる器具です。
これは、 ホールピペット です。
よって、Aの答えは、 です。

コニカルビーカーは、中の溶液を混ぜる実験器具

lecturer_avatar

Bは、 溶液同士を混ぜる のに適したビーカーです。
これは、 コニカルビーカー と呼ばれます。
よって、Bの答えは、 です。

ビュレットは、滴下した液体の体積をはかる実験器具

lecturer_avatar

Cは、 滴下した液体の体積をはかる ために用いられる器具です。
これは、 ビュレット です。
よって、Cの答えは、 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化33 演習2(1)のみ 答えあり

強酸+強塩基→フェノールフタレインまたはメチルオレンジ、弱酸+強塩基→フェノールフタレインのみ、強酸+弱塩基→メチルオレンジのみ

高校 理科 化学基礎 物質の変化33 演習2(2)のみ 答えなし

lecturer_avatar

(2)は、実験で用いる指示薬Xとして適当なものを選択する問題です。
指示薬の選択に関しては、 酸・塩基の強弱 が重要でしたね。
今回の中和滴定に用いる酸は食酢です。
食酢は酢酸なので、 弱酸 ですね。
また、塩基は水酸化ナトリウム水溶液です。
こちらはもちろん、 強塩基 ですね。

lecturer_avatar

弱酸と強塩基の中和 では、pHジャンプが 塩基性側 に寄ります。
このときに使える指示薬は、 フェノールフタレイン でしたね。
答えは、 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化33 演習2(2)のみ 答えあり
物質の変化(テスト7、第2問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          中和

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎