高校化学基礎
高校化学基礎
5分で解ける!物質の変化(テスト6、第1問)に関する問題

4
Movie size

5分で解ける!物質の変化(テスト6、第1問)に関する問題

4

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

演習1

高校 理科 化学基礎 物質の変化23 演習1 すべて空欄

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

今回は、確認テストです。
実際に問題を解きながら、これまでの内容を復習しましょう。

lecturer_avatar

演習1は、(1)~(3)の水溶液について、pHを求める問題です。

酸のpHは、[H+]→pH

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 (1) 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、 0.1mol/Lの塩酸 ですね。
pHの求め方を覚えていますか?
最初に 水素イオン濃度[H+] を求めてから、 pH を計算するのでしたね。

lecturer_avatar

今回も [H+] から求めていきましょう。
 [H+]=モル濃度×電離度=0.1×1=0.1

[H+]=1.0×10-n、pH=n

lecturer_avatar

あとは、 pH を求めましょう。
[H+]=1.0×10-nと表したとき、nがpHになるのでしたね。
  [H+]=0.1=1.0×10-1
よって、n=1なので、 pH=1 となります。
答えは、 1 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 (1) 答えあり

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 (2) 答えなし

lecturer_avatar

(2)は、 0.02mol/Lの酢酸水溶液 ですね。
(1)と同じように求めていきましょう。
まずは、 [H+] です。
[H+]=0.02×0.05=0.001
よって、[H+]は、0.001となります。

lecturer_avatar

あとは、 pH を求めます。
  [H+]=0.001=1.0×10-3
よって、n=3なので、 pH=3 となります。
答えは、 3 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 (2) 答えあり

塩基のpHは、[OH-]→[H+]→pH

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 (3) 答えなし

lecturer_avatar

(3)は、 0.02mol/Lのアンモニア水 です。
(3)は、なかなか難しいですが、これまでの知識を使って解くことができます。
塩基性の水溶液なので、そのまま[H+]を求めることはできません。
[OH-]→[H+]→pH の順に求めていきましょう。

lecturer_avatar

まずは、 [OH-] を求めましょう。
今回アンモニアのモル濃度は0.02mol/Lで電離度は0.05です。
 [OH-]=0.02×0.05=0.001=1.0×10-3

lecturer_avatar

次に求めたいのは、 [H+] です。
[H+][OH-]=1.0×10-14 という関係に注目しましょう。
 [H+]=1.0×10-11

lecturer_avatar

あとは、 pH ですね。
  [H+]=1.0×10-11
よって、n=11なので、 pH=11 となります。
答えは、 11 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 (3) 答えあり
物質の変化(テスト6、第1問)
4
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          中和

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎