高校化学基礎
高校化学基礎
5分で解ける!物質の変化(テスト6、第2問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!物質の変化(テスト6、第2問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

演習2

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 演習2 答えなし

解説
これでわかる!

問題の解説授業

lecturer_avatar

続いて、演習2です。

lecturer_avatar

塩の性質に関する記述のうち、正しいものを一つ選ぶ問題ですね。
順番に見ていきましょう。

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 演習2 答えなし

HもOHも残っていなければ正塩、Hが残っていれば酸性塩、OHが残っていれば塩基性塩

lecturer_avatar

ア NaHCO3は塩基性塩である。
これは、 正塩・酸性塩・塩基性塩の分類 に関する問題です。
HもOHも残っていないものは、 正塩 です。
Hが残っているものは、 酸性塩 です。
OHが残っているものは、 塩基性塩 です。

lecturer_avatar

さて、今回のNaHCO3はどうでしょうか?
Hが残っていますよね。
したがって、NaHCO3酸性塩 です。
よって、アは、 誤っている内容 です。

正塩の水溶液は、強酸+強塩基→中性、強酸+弱塩基→酸性、弱酸性+強塩基性→塩基性

lecturer_avatar

イ NaClを水に溶かすと塩基性を示す。
これは、 正塩の水溶液の液性 に関する問題です。
この場合、 もとになった酸・塩基の液性 が重要でしたね。

lecturer_avatar

NaClは、強塩基のNaOHと強酸のHClによってできた塩です。
強いもの同士が打ち消しあって、液性は 中性 になるイメージでしたね。
したがって、イは、 誤っている内容 です。

lecturer_avatar

ウ CH3COONaを水に溶かすと酸性を示す。
こちらも、 正塩の水溶液の液性 に関する問題です。

lecturer_avatar

CH3COONaは、弱酸CH3COOHと強塩基NaOHによる塩でした。
この場合、強いものが勝つのでしたね。
CH3COONaの水溶液の液性は、 塩基性 です。
よって、ウは、 誤っている内容 です。

弱酸の塩+強酸→弱酸の遊離、弱塩基の塩+強塩基→弱塩基の遊離

lecturer_avatar

エ 弱酸の塩に強酸を加えると、弱酸の分子が遊離する。
こちらは、 弱酸の遊離 に関する問題です。
弱酸の塩に、強酸を加えると、弱酸が遊離するのでしたね。
したがって、エは、 正しい内容 です。

lecturer_avatar

以上より、答えは、 です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化29 演習2 答えあり
物質の変化(テスト6、第2問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          中和

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学基礎

              高校化学基礎