高校数学Ⅱ

高校数学Ⅱ
5分で解ける!2つの領域の共通部分、和集合に関する問題

1

5分で解ける!2つの領域の共通部分、和集合に関する問題

1
オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校数学Ⅱ 図形と方程式33 練習

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

不等式が表す領域を図示する問題ですね。
今回は、領域が複数でてきます。「かつ」「または」が表す領域に注意しましょう。

POINT
高校数学Ⅱ 図形と方程式33 ポイント

AB>0⇔「A≧0かつB≦0」または「A≦0かつB≧0」

高校数学Ⅱ 図形と方程式33 練習

lecturer_avatar

x(x2+y2-1)≦0の領域を考えましょう。

lecturer_avatar

これを満たす条件は
x≧0かつx2+y2-1≦0
または
x≦0かつx2+y2-1≧0

lecturer_avatar

式変形すると
x≧0かつx2+y2≦1…①
または
x≦0かつx2+y2≧1…②

lecturer_avatar

次に、領域について図示していきましょう。
①が表す領域は、境界線x=0の右側と境界線x2+y2=1の内側の 共通部分 ですね。

lecturer_avatar

②が表す領域は、境界線x=0の左側と境界線x2+y2=1の外側の 共通部分 ですね。

lecturer_avatar

「①または②」なので、①と②の和集合を考えると、次のように答えが出ますね。

答え
高校数学Ⅱ 図形と方程式33 練習 答え
オンライン個別指導塾
2つの領域の共通部分、和集合
1
友達にシェアしよう!
オンライン個別指導塾

図形と方程式の問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

図形と方程式

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      軌跡と領域

      オンライン個別指導塾オンライン個別指導塾

      高校数学Ⅱ