中学公民

中学公民
5分で解ける!裁判所と司法権の独立に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!裁判所と司法権の独立に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学公民22 練習1 かっこ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

ポイント1で学習した内容を、問題を解いて確認しましょう。

裁判所が持つ権利を何という?

lecturer_avatar

内閣が行政権、国会が立法権を持っているのに対し、裁判所が持つ権利を何と言いますか?
正解は 司法権 ですね。

lecturer_avatar

この司法権について、ポイント1で解説した 重要な原則 がありましたよね。
覚えていますか?
裁判所が判断をする際、内閣や国会等の干渉を受けないという原則です。
そう、正解は 司法権の独立 ですね。

司法権の独立 裁判官がしたがうものは?

lecturer_avatar

続いては司法権の独立の説明についての穴埋め問題です。
裁判官は何にしたがい、何に拘束されるのでしたか?
正解は、自己の 良心 にしたがい、 憲法 および法律にのみ拘束される、でしたね。
このフレーズは重要なので、しっかり覚えておきましょう。

答え
中学公民22 練習1 答え入り
裁判所と司法権の独立
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。