中学地理
中学地理
5分で解ける!集中豪雨と津波・防災対策に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!集中豪雨と津波・防災対策に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

下のカッコ内に入る語句を答えよう

中学地理40 練習2 カッコ空欄

解説
これでわかる!

練習の解説授業

自然災害と防災対策

lecturer_avatar

ポイント2と3では、自然災害とその恵み、そして防災について学習しました。
内容を確認していきましょう。

中学地理40 練習2 最初の3行、上2つの項目(集中豪雨と津波の説明)表示、カッコ空欄

lecturer_avatar

短時間でせまい場所に大量の雨が降ることを何と言いましたか?
これは 集中豪雨 ですね。
台風の影響で波が高くなるのが高潮だということも覚えておきましょう。

lecturer_avatar

地震が海底で起きた時、ある災害が発生することがあります。それが 津波 です。
2011年の 東日本大震災 で発生し、大きな被害をもたらしました。

中学地理40 練習2 最後の3行(ハザードマップの説明)のみ表示、カッコ空欄、右の図不要

lecturer_avatar

こうした自然対策に備え、防災対策として地図が作られていましたね。
避難場所や避難経路が書かれた地図です。
名前は ハザードマップ でしたね。

答え
中学地理40 練習2 答え入り
lecturer_avatar

日本で起こるさまざまな自然災害を紹介しました。
自然災害が起こる原因とその被害について、内容を整理しておきましょう。

集中豪雨と津波・防災対策
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。