高校生物

高校生物
5分で解ける!個体群(テスト1、第3問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!個体群(テスト1、第3問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習3

高校 生物 個体群12 演習3 すべて空ける

解説

これでわかる!
問題の解説授業

生存曲線は晩死型・早死型・一定型の3パターン

高校 生物 個体群12 演習3 演習3 グラフ
高校 生物 個体群12 演習3 演習3(1)
lecturer_avatar

生存曲線とは、特定世代の生存数を経時的に測定したグラフです。
生存曲線の縦軸は生存個体数の相対値を、横軸は相対年齢を表しています。

lecturer_avatar

生存曲線には晩死型、早死型、一定型の3パターンがありました。

lecturer_avatar

ヒドラの増殖方法は出芽と呼ばれ、大きい個体から小さい個体が生えるようにして増えていきます。
そのため、親が子をしばらく保護しているような状態になり、中程度の保護を受けてることになります。
よって答えはBです。
このような生存曲線は一定型と呼ばれ、小型のほ乳類や鳥類、ハ虫類でみられます。

高校 生物 個体群12 演習3 演習3 グラフ
高校 生物 個体群12 演習3 演習3(1)
lecturer_avatar

サケは親の保護を全く受けないため、幼少期の死亡率が高いことが特徴です。
よって答えはAです。
このような生存曲線は早死型と呼ばれ、サケなどの魚類や、微生物などの水生の無脊椎動物でみられます。

高校 生物 個体群12 演習3 演習3 グラフ
高校 生物 個体群12 演習3 演習3(1)
lecturer_avatar

アリなどの社会性昆虫は、親の保護を手厚く受けるため、幼少期の死亡率が低いことが特徴です。
よって答えはCです。
このような生存曲線は晩死型と呼ばれ、大型のほ乳類や鳥類、ミツバチなどでみられます。

lecturer_avatar

生存曲線の3パターンについて、それぞれの特徴をおさえましょう。

一定型は死亡率が一定

高校 生物 個体群12 演習3 演習3 グラフ
高校 生物 個体群12 演習3 演習3(2)
lecturer_avatar

Bのグラフは一定型のグラフでしたね。
では、なにが一定なのでしょうか?
グラフをみると、個体数が1000から100まで減るのと、100から10まで減るのには、同じ時間がかかっています。
つまり、生存個体数に対する死亡した個体の割合がほぼ一定です。この割合を死亡率と言います。
つまり一定型の生存曲線は、死亡率がほぼ一定であるということですね。
死亡する個体数が一定というわけではないので注意しましょう。

高校 生物 個体群12 演習3 すべてうめる
個体群(テスト1、第3問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      個体群の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      個体群

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          個体群と生物群集

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物