高校生物

高校生物
5分でわかる!膜電位の経時的変化

1
Movie size

5分でわかる!膜電位の経時的変化

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

膜電位の経時的変化

高校 生物 動物生理13 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ニューロンに刺激が与えられたときの、膜電位の経時的変化を見ていきましょう。

lecturer_avatar

ニューロンのある箇所に刺激が与えられると、時間が経つにつれて、どのような電位の変化が起こるのでしょうか?
グラフで確認していきましょう。

静止電位⇒脱分極⇒再分極⇒過分極

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ・活動電位を表す矢印や文字けす
lecturer_avatar

このグラフは、膜電位の経時的変化を表したものです。
縦軸は膜電位横軸は時間を示しています。

lecturer_avatar

膜電位は、時間を追うごとに変化します。
その変化は、4つの段階に分けることができます。

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ・活動電位を表す矢印や文字けす
lecturer_avatar

まず第一段階です。(グラフの①)
最初の状態は、すでに学習した静止電位です。

lecturer_avatar

刺激が与えられる前は、細胞膜のK+チャネルが開いており、K+が常に外に流出していました。
ここで、膜電位は -70mV に保たれていましたね。

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ・活動電位を表す矢印や文字けす
lecturer_avatar

次に第二段階です。(グラフの②)
グラフでは、矢印で示されたタイミングで刺激が与えられています。
細胞膜に刺激が与えられると、どうなるのでしょうか。

lecturer_avatar

刺激が与えられると、K+チャネルが閉じ、Na+チャネルが開きます
すると、細胞外に多いNa+が細胞内へ流入してきます。
そのため、膜電位が正に転じるのです。

lecturer_avatar

グラフでは、膜電位が20mVまで急上昇していますね。
この現象を脱分極といいます。

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ・活動電位を表す矢印や文字けす
lecturer_avatar

続けて第三段階です。(グラフの③)
脱分極のあと、膜電位はどのように変化するのでしょうか。
グラフに注目してみましょう。

lecturer_avatar

脱分極が起こった直後に、Na+チャネルが閉じ、K+チャネルが開きます
すると、細胞内に多いK+が細胞外へ流出します。
そのため、膜電位は再び負となるのです。

lecturer_avatar

この現象を再分極といいます。
グラフを見ると、膜電位は、静止電位と同じ-70mVまで下がっていますね。
脱分極が起こったあと、膜電位はいつまでも正のままではないということを覚えておきましょう。

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ・活動電位を表す矢印や文字けす
lecturer_avatar

最後に第四段階です。(グラフの④)
実は、再分極によって正から負へ転じた膜電位は、ぴったりと-70mVで止まるのではありません

lecturer_avatar

再分極の後もある程度K+チャネルが開いたままになっています。
K+チャネルの状態は、静止電位のときと同じになっているのです。
すると、再分極の後も続けてK+の流出が起こり、わずかな時間ですが、膜電位は-70mVを下回ります
しかし、やがて膜電位は静止電位と同じ-70mVを維持するようになります。

lecturer_avatar

この現象を過分極といいます。
膜電位が静止電位以下のときは、刺激受けても興奮が起こりません
このとき、神経にいくら刺激を与えても、Na+は流入してこないのです。
この時期を不応期といいます。

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ・活動電位を表す矢印や文字けす
lecturer_avatar

時間を追うごとに膜電位がどのように変化するかつかめましたか?
膜電位の経時的変化は、伝導のメカニズムを理解するうえで重要なのでしっかり覚えましょう。
このグラフはよくテストにもよく出されます。

活動電位をグラフからよむ

lecturer_avatar

すでに見たように、静止電位は、-70mVでした。
では、「活動電位の値を答えよ」と問われたら、パッと答えられますか?

高校 生物 動物生理13 ポイント2 グラフのみ
lecturer_avatar

グラフで確認してみましょう。
活動電位は、静止電位が正へ転じたときの膜電位の変化量のことでした。
グラフでは、-70mVから20mVまで膜電位が変化しているので、活動電位は90mVとなるのです。
脱分極が起こることによって膜電位は20mVまで上昇していますが、この値は活動電位ではないので注意しましょう。

高校 生物 動物生理13 ポイント2 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

膜電位の経時的変化
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物生理

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          神経系と効果器

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物