高校生物

高校生物
5分で解ける!カエルの発生(1)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!カエルの発生(1)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 動物の発生6 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

カエルの発生についておさえよう

高校 生物 動物の発生6 練習 練習(1)
lecturer_avatar

カエルの卵には、黒い部分と白い部分がありました。
表層回転とは、精子が卵に侵入したことによって生じる卵の黒い部分の回転です。
表層回転が起こると、精子侵入側の反対側に灰色の領域が生じます。
この領域を、その形状から灰色三日月といいます。

lecturer_avatar

灰色三日月は、将来原口背唇部という部分になることも覚えておきましょう。

高校 生物 動物の発生6 練習 練習(2)
lecturer_avatar

次の図を見てください。
これは第二卵割まで起こったカエルの受精卵です。

高校 生物 動物の発生6 練習 練習(2)・図・答え記入せず
lecturer_avatar

カエルの卵割はまず、2回の経割による等割が起こり、4つの割球ができました。
図では、4つの同じ大きさの割球ができていますね。

lecturer_avatar

第三卵割では緯割が起こります。
具体的に胚のどこへ割れ目が入るのでしょうか?

lecturer_avatar

カエルは端黄卵の生物です。
端黄卵は、黄卵が植物極側に偏って分布していることが特徴でした。
卵黄は、卵割に対して阻害的に働く性質があります。
そのため、植物極側で卵割が阻害されます。

lecturer_avatar

よって第三卵割では、動物極側で緯割が起こります。
ウニは第四卵割で不等割が起こったのに対し、カエルは第三卵割で不等割が起こることがポイントです。
答えは、次の図のとおりです。

高校 生物 動物の発生6 練習 練習(2)・図・答えうめる
高校 生物 動物の発生6 練習 練習(3)
lecturer_avatar

カエルの胚の卵割が終了し、通常の体細胞分裂が始まるのは胞胚期です。
これはウニと同じですね。
通常の体細胞分裂が始まると、細胞の成長が見られるようになります。

高校 生物 動物の発生6 練習 すべてうめる
カエルの発生(1)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      動物の発生の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物の発生

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          受精と初期発生

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物