高校生物

高校生物
5分でわかる!胞胚

14

5分でわかる!胞胚

14
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

胞胚

高校 生物 動物の発生7 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、カエルの発生について見ていきます。

精子侵入点の180°反対側から陥入が始まる

lecturer_avatar

カエルの胞胚は、内側の動物極側に胞胚腔という隙間ができているという特徴がありました。
次の図を見てください。

高校 生物 動物の発生7 ポイント1 図のみ
lecturer_avatar

このあとは陥入という現象が起こり、胚の外側の細胞の一部が内側に取り込まれていきます。

lecturer_avatar

そして、カエルの胚の陥入が起こる場所は決まっているのです。
卵が受精したときの精子侵入点の180°反対側陥入点といい、ここから陥入が始まるのです。

lecturer_avatar

陥入点のやや動物極寄りの領域を、原口背唇部といいます。
原口背唇部は、精子と卵が融合したときに灰色三日月として出現した領域です。
この領域は神経系の分化にかかわり、カエルの発生において重要な役割を果たします。

高校 生物 動物の発生7 ポイント1 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
胞胚
14
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

動物の発生

オンラインLIVE夏期講習

受精と初期発生

オンラインLIVE夏期講習

高校生物