高校生物

高校生物
5分でわかる!胞胚

9

5分でわかる!胞胚

9
オンラインLIVE夏期講習オンラインLIVE夏期講習

この動画の要点まとめ

ポイント

胞胚

高校 生物 動物の発生5 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、ウニの発生について見ていきます。

胞胚から幼生を経て成体へ

lecturer_avatar

ウニの受精卵は卵割を繰り返し、2細胞期胚、4細胞期胚、8細胞期胚、というようにその細胞数を増やしてきました。
その後、桑実胚を経て胞胚になると、繊毛が生えて運動性をもつようになりました。
このことによって、胚は受精膜を破って外へ出ます。
この現象を、ふ化といいました。

lecturer_avatar

次の図を見てください。
これは、胞胚がふ化する様子です。

高校 生物 動物の発生5 ポイント1 図のみ
lecturer_avatar

図の中央に描かれているのが胞胚です。
外側には小さな細胞が連なっており、内側には胞胚腔という隙間があります。

lecturer_avatar

胞胚期ではふ化が起こるだけでなく卵割が終了し、通常の体細胞分裂が始まります。
しかし、ウニが成体になるまでにはまだ長いプロセスがあります。
今回は、ウニが胞胚から幼生を経て成体になるまでを見ていきます。

高校 生物 動物の発生5 ポイント1 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

オンラインLIVE夏期講習
胞胚
9
友達にシェアしよう!
オンラインLIVE夏期講習

この授業のポイント・問題を確認しよう

動物の発生

オンラインLIVE夏期講習

受精と初期発生

オンラインLIVE夏期講習

高校生物