高校生物

高校生物
5分で解ける!カエルの発生(3)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!カエルの発生(3)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 動物の発生8 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

尾芽胚の各組織がどの器官になるかおさえよう

高校 生物 動物の発生8 練習 練習(1)
lecturer_avatar

神経管は、神経胚のときに神経板が変形してできた組織でした。
また、神経管は、将来神経系になる組織でもあります。
神経管からつくられる器官は、脊髄網膜です。

高校 生物 動物の発生8 練習 練習(2)
lecturer_avatar

脊索は、原口背唇部が変化してできた組織です。
原口背唇部は胚の表面領域に作用して神経板を形成する働きをしていました。
また、脊索は、神経板に作用して神経管を形成する働きをしていましたね。
しかし脊索は、尾芽胚のあとに退化し、成体には見られないことが特徴です。

高校 生物 動物の発生8 練習 練習(3)
lecturer_avatar

心臓は、中胚葉である側板の腹側の細胞が外れたものからできる器官です。
側板はカエルの尾芽胚の腹側に位置する組織でしたね。

高校 生物 動物の発生8 練習 練習(4)
lecturer_avatar

内胚葉に分類される組織は腸管です。
腸管は成体になると、消化管やその付属器官になりました。
4つの選択肢のうち、消化管やその付属器官でないものはどれでしょうか。

lecturer_avatar

肺は、気管によって食道とつながっています。
肝臓とすい臓も、それぞれ胆管とすい臓によって十二指腸とつながっています。

lecturer_avatar

腎臓の働きについて考えてみましょう。
腎臓は尿を生成し、生成された尿は輸尿管を通ってぼうこうへ送られて体外へ排出されました。
腎臓は、何かの消化管と直接つながっているわけではありませんね。

lecturer_avatar

よって、腎臓は内胚葉性の臓器ではありません。
答えは、です。

高校 生物 動物の発生8 練習 すべてうめる
カエルの発生(3)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      動物の発生の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物の発生

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          受精と初期発生

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物