高校生物

高校生物
5分で解ける!多様な配偶子に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!多様な配偶子に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 生殖5 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

配偶子に含まれる多様な遺伝子についておさえよう

高校 生物 生殖5 練習 すべて空ける
lecturer_avatar

2n=8の細胞をもつ生物の、染色体の組合せを考えていきましょう。
2n=8とは、細胞あたり8本の染色体をもっていることを意味します。
その内訳は、父由来のものが4本、母由来のものが4本です。
次の図を見てください。

高校 生物 生殖5 練習 図
lecturer_avatar

細胞の中で、父由来の染色体と母由来の染色体は1本ずつセットになっています。
このとき組になる染色体は、同形同大であることが特徴です。
このような染色体を相同染色体といいましたね。
図では、各相同染色体のセットにNo.1からNo.4まで番号がふられています。

lecturer_avatar

配偶子は減数分裂という特殊な細胞分裂によって形成されます。
減数分裂は、作られる細胞のDNA量と染色体数が半減する分裂でした。
2n=8の細胞1つが減数分裂を行うと、形成される配偶子1つは4本の染色体をもつことになります。

高校 生物 生殖5 練習 図
lecturer_avatar

減数分裂では、相同染色体が対合して新しい細胞に分配されます。
つまり、1回の分裂によって相同染色体のセットが同じ細胞へ分配されることはないということです。

lecturer_avatar

第一分裂について考えていきましょう。
新しく作られる細胞がもつ染色体の組合せは、何通りあるでしょうか。

lecturer_avatar

まずは、No.1から母由来の染色体か父由来の染色体のどちらかが選ばれます。
その場合分けは2通りです。
No.2に関しても、母由来のものと父由来のもののどちらかが選ばれます。
この場合分けも2通りです。

lecturer_avatar

このように、4つの相同染色体のセットそれぞれから1つの染色体が選ばれて、新しい細胞が作られます。
その組合わせは、2×2×2×2=16通りです。

lecturer_avatar

第二分裂では、各細胞の染色体が裂けるようにして新しい細胞へ分配されます。
そのため第二分裂では、細胞のもつ染色体の組合せが増えることはありません。
よって、答えは16通りです。

高校 生物 生殖5 練習 すべてうめる
多様な配偶子
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      生殖の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      生殖

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          生殖

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物