高校生物

高校生物
5分で解ける!バイオテクノロジーの応用に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!バイオテクノロジーの応用に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 遺伝21 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

バイオテクノロジーの応用例をおさえよう

高校 生物 遺伝21 練習 練習(1)
lecturer_avatar

外来の遺伝子が導入された生物を、トランスジェニック生物といいます。
トランスジェニック生物は、生物がもともともっていない遺伝子を人為的に組込み、生育が可能な状態になるまで培養して作られます。
特に、外来の遺伝子が導入された植物は、トランスジェニック植物といいます。

高校 生物 遺伝21 練習 練習(2)
lecturer_avatar

トランスジェニック生物は、外来の遺伝子が導入された生物でした。
トランスジェニック生物を利用した食品を、遺伝子組換え食品といいます。
遺伝子組換え食品は、トランスジェニック生物そのものや、それが加工されたものです。

lecturer_avatar

豆腐や納豆などのパッケージを見ると、「遺伝子組換え食品ではありません」、「遺伝子組換え食品を使っています」といった表記がされています。

高校 生物 遺伝21 練習 練習(3)
lecturer_avatar

植物細胞に遺伝子導入を行う場合、あるバクテリアが使われます。
まずバクテリアがもつプラスミドを取り出し、プラスミドへ目的の遺伝子を組込んだ後、再びバクテリアに戻すという操作を行いました。

lecturer_avatar

このバクテリアを植物細胞に感染させることで、植物へ目的の遺伝子を導入することができます。
このように植物細胞へ外来の遺伝子を導入するために使われるバクテリアは、アグロバクテリウムです。

高校 生物 遺伝21 練習 すべてうめる
バイオテクノロジーの応用
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          バイオテクノロジー

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物