高校生物

高校生物
5分でわかる!医薬品の製造

1
Movie size

5分でわかる!医薬品の製造

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

医薬品の製造

高校 生物 遺伝21 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回は、バイオテクノロジーの応用を見ていきます。

薬剤として利用されるインスリン

lecturer_avatar

バイオテクノロジーは、私たちの生活でどのように活用されているのでしょうか?
例として、医薬品の製造があげられます。
次の図を見てください。

高校 生物 遺伝21 ポイント1 図
lecturer_avatar

これは、バイオテクノロジーの応用によって、インスリンを生成するまでの流れを表しています。
インスリンとは、膵臓でつくられるホルモンの一種で、血糖量を調節する重要な役割を担っています。
そのため、糖尿病などの治療において、薬剤として広く利用されています。

大腸菌が排出したインスリンから医薬品を製造

lecturer_avatar

図の左には、ヒトの細胞が描かれていますね。
ヒトの細胞はをもち、中にはDNAが収められています。
まずはヒトのDNAから、ヒトインスリン遺伝子を取り出します。
ヒトインスリン遺伝子は、最終的にインスリンを合成する遺伝子です。

lecturer_avatar

ヒトのDNAからヒトインスリン遺伝子を取り出す過程では、PCR法を用います。
PCR法は、任意のDNA領域を増幅させるバイオテクノロジーでしたね。

高校 生物 遺伝21 ポイント1 図
lecturer_avatar

次に、ヒトインスリン遺伝子を大腸菌の中へ入れます。
図の中央には大腸菌が描かれていますね。

lecturer_avatar

大腸菌は、プラスミドという小さな環状のDNAをもっています。
プラスミドは、図で大腸菌の中と下に、それぞれ環状の構造体で描かれています。

lecturer_avatar

プラスミドを大腸菌から取り出し、プラスミドへヒトインスリン遺伝子を組込みます。
このとき、遺伝子組換えでも用いた制限酵素処理DNAリガーゼ処理などの操作を行います。

高校 生物 遺伝21 ポイント1 図
lecturer_avatar

ヒトインスリン遺伝子を組込まれたプラスミドは、大腸菌へ入れられます。
この操作を、遺伝子導入といいました。
プラスミドはもともと大腸菌の中に入っていたものなので、ヒト由来の遺伝子が組込まれていても、大腸菌はプラスミドを受け入れて留めるのです。

lecturer_avatar

大腸菌は、自分の細胞の中でヒトインスリン遺伝子を発現します。
こうして大腸菌の中でインスリンというタンパク質が合成されるのです。

lecturer_avatar

しかし、大腸菌にとってインスリンは本来必要のないものです。
そのため大腸菌は、インスリンを細胞の外にどんどん排出します。
大腸菌が排出したインスリンを回収し、精製することで、インスリン製剤ができます。

高校 生物 遺伝21 ポイント1 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

医薬品の製造
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      遺伝

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          バイオテクノロジー

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物