高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!ラテンアメリカ諸国とキューバ革命に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!ラテンアメリカ諸国とキューバ革命に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

第三勢力の台頭と米ソの歩み寄り3 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はラテンアメリカ諸国とキューバ革命について学習しました。
内容を確認していきましょう。

アメリカ大陸の支配者は合衆国!

lecturer_avatar

第二次世界大戦後、アメリカは アメリカ州機構(OAS) を結成するなど、ラテンアメリカ諸国への干渉を強めました。ソ連との対立が続く中、近隣諸国が社会主義国化するのを防ぐためです。

lecturer_avatar

ただし アルゼンチン のペロン大統領やブラジルのヴァルガス大統領は、外国資本や資源の国有化といった政策を実施し、アメリカから距離をおく外交を展開しました。

lecturer_avatar

チリでは1970年、国民の選挙によって アジェンデ が大統領となり、社会主義政権が誕生しました。しかし、これを警戒したアメリカがチリの軍部をそそのかし、軍部クーデタが勃発。アジェンデは死に追いやられました。

世界を震撼させた重大事件!

lecturer_avatar

戦後のキューバでは バティスタ 親米独裁政権が成立していました。彼はアメリカを後ろ盾に独裁政治を行ったため、国民の間では不満が高まっていきました。

lecturer_avatar

そうした不満を背景に、1959年、カストロとゲバラを指導者として キューバ革命 が起こりました。彼らはバティスタ政権を打倒し、カストロがキューバの指導者となりました。

lecturer_avatar

親米政権を倒されたアメリカは、キューバとの国交断絶を宣言。これに対しカストロは 社会主義宣言 を行い、ソ連に接近しました。

lecturer_avatar

1962年には、キューバでミサイル基地の建設が進んでいることが発覚。アメリカのケネディ大統領は海上封鎖を実施し、アメリカとソ連の間に緊張が走りました。これを キューバ危機 といいます。

lecturer_avatar

核戦争の危機が現実のものとなり、世界中が恐怖に包まれました。しかし、最終的にはソ連のフルシチョフが譲歩し、ミサイル基地は撤去されました。

答え
第三勢力の台頭と米ソの歩み寄り3 練習 答え入り
ラテンアメリカ諸国とキューバ革命
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      第三勢力の台頭と米ソの歩み寄り

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B