高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!第二次世界大戦後のヨーロッパ世界に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!第二次世界大戦後のヨーロッパ世界に関する問題

1
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

米ソ冷戦の時代1 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は第二次世界大戦後のヨーロッパ世界について学習しました。
内容を確認していきましょう。

西ヨーロッパ世界の動向

lecturer_avatar

終戦直前、イギリスではチャーチルに代わって アトリー が首相となりました。アトリー内閣は戦後復興を目指し 重要産業国有化社会福祉制度の充実 に力を入れました。

lecturer_avatar

エールはイギリス連邦を離脱すると アイルランド と国号を変えました。

lecturer_avatar

フランスでは 第四共和政 が成立しました。また 共産党 が勢力を拡大しました。

lecturer_avatar

イタリアでは、国民投票の結果王政が廃止され共和政が成立。また西欧最大の 共産党 が成立しました。

東ヨーロッパ世界には大きな変化が!?

lecturer_avatar

戦後、ポーランドやルーマニアなどの国々は 人民民主主義 を掲げましたが、各国はやがてソ連の「衛星国」となりました。実質的にソ連の支配下にあったのです。

lecturer_avatar

ただし、東欧諸国の中でもユーゴスラヴィアは例外でした。指導者 ティトー のもと、自力でドイツ支配から脱したユーゴスラヴィアは、社会主義を掲げながらもソ連とは距離を置く、独自の外交を展開しました。

lecturer_avatar

ソ連が東欧諸国への影響を拡大していく様子を見て、訪米したイギリスの元首相チャーチルは 鉄のカーテン 演説を行いました。彼はソ連の動きを警戒し、イギリスやアメリカが協力して対抗していく必要性を訴えました。

答え
米ソ冷戦の時代1 練習 答え入り
春キャンペーン2019
第二次世界大戦後のヨーロッパ世界
1
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校世界史Bの問題

この授業のポイント・問題を確認しよう

米ソ冷戦の時代

Logo black
Register description

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      春キャンペーン2019春キャンペーン2019

      高校世界史B