高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!南アジア・西アジアの独立に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!南アジア・西アジアの独立に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

米ソ冷戦の時代6 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は南アジア・西アジアの独立について学習しました。
内容を確認していきましょう。

インドの独立達成!

lecturer_avatar

第二次世界大戦後のインドは、ヒンドゥー教徒が優勢な インド連邦 と、イスラーム教徒が優勢な パキスタン共和国 とに分かれて独立しました。

lecturer_avatar

インドの初代首相には、国民会議派の ネルー が就任。一方、パキスタンでは全インド=ムスリム連盟の指導者 ジンナー が総督に就任しました。

lecturer_avatar

独立を果たした両国は カシミール 地方の帰属問題をめぐって争い、第1次インド=パキスタン戦争が勃発することになりました。

西アジア諸地域の動き

lecturer_avatar

1951年に首相となった モサデグ は、資源ナショナリズムの考え方にもとづき 石油を国有化 しようとしました。

lecturer_avatar

これに反発したイギリスやアメリカは国王 パフレヴィー2世 をそそのかし、国王派によるクーデタを起こさせます。これでモサデグは失脚し、イランは再び新英米的な国となりました。

lecturer_avatar

パレスチナではアラブ人とユダヤ人の対立が見られました。エジプトを中心とする国々は アラブ諸国連盟 を結成し、人口の多数を占めるアラブ人の独立を支援しました。

lecturer_avatar

国際連合が パレスチナ分割案 を発表すると、ユダヤ人はこれを受け入れ イスラエル を建国。これに反発するアラブ諸国との間で第1次中東戦争が起こりました。

lecturer_avatar

この戦争に勝利したのは、アメリカの支援を受けたイスラエルでした。イスラエルは領土を拡大し、約100万人のアラブ人が土地を追われて パレスチナ難民 となりました。

答え
米ソ冷戦の時代6 練習 答え入り
南アジア・西アジアの独立
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      米ソ冷戦の時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B