高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!朝鮮と東南アジアの民族運動に関する問題

2
Movie size

5分で解ける!朝鮮と東南アジアの民族運動に関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

戦間期のアジア諸地域3 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回は朝鮮と東南アジアの民族運動について学習しました。
内容を確認していきましょう。

朝鮮でおきた「民族自決」を求める動き!

lecturer_avatar

1910年の 韓国併合 の後、日本は 朝鮮総督府 を設置して統治にあたりました。

lecturer_avatar

朝鮮総督府は、憲兵や軍部などの武力による統治を行いました。これを 武断統治 といいます。

lecturer_avatar

1919年、朝鮮で 三・一独立運動 が発生しました。パリ講和会議で示された 民族自決 の原則に触発された人びとが、各地で「独立万歳」をさけんでデモを行ったのです。

lecturer_avatar

これを受け、朝鮮総督府は武断統治をゆるめて 文化政治 を行うようになりました。日本語教育や日本文化の強制を通じて、朝鮮の人びとを日本へ同化させようとしたのです。

東南アジアの民族運動!

lecturer_avatar

第一次世界大戦後、東南アジア各地でも列強からの支配を求める動きが見られました。

lecturer_avatar

ビルマでは1920年代から民族運動が始まり、イギリス支配からの独立を求めて タキン党 が結成されました。

lecturer_avatar

インドネシアでは1920年にインドネシア共産党が結成され、1927年には スカルノ を党首とするインドネシア国民党が結成されました。

lecturer_avatar

インドシナ(現在のベトナム・カンボジア・ラオス)では、ホー=チ=ミンを指導者とする インドシナ共産党 が結成されました。

lecturer_avatar

フィリピンでは、アメリカ大統領フランクリン=ローズヴェルトが1934年に 独立を約束 したことを受け、翌年に フィリピン独立準備政府 が発足しました。

答え
戦間期のアジア諸地域3 練習 答え
朝鮮と東南アジアの民族運動
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      戦間期のアジア諸地域

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B