高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!戦間期のアジア諸地域をみる視点

1
Movie size

5分でわかる!戦間期のアジア諸地域をみる視点

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

戦間期のアジア諸地域をみる視点

戦間期のアジア諸地域 右ページテキスト

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

第38章「戦間期のアジア諸地域」のガイダンス授業です。
この章では合計6回にわたって 戦間期のアジア諸地域 について勉強します。

lecturer_avatar

第一次世界大戦が始まる前、アジアの国々は、そのほとんどが欧米諸国に支配されていました。独立を保っていたのは日本やタイぐらいでした。

lecturer_avatar

産業革命などを経て国を強くした欧米諸国に対し、アジアの国々ははっきり言って 弱かった のです。各国は欧米列強の侵略を受け、次々に植民地化されていきました。

lecturer_avatar

1914年に始まった第一次世界大戦は、欧米列強にとって 総力戦 となりました。多くの国民を動員し戦費を費やした結果、欧米諸国は疲弊してしまいました。

lecturer_avatar

この様子を見たアジア諸国は「欧米諸国が弱っている!独立するならいまがチャンスだ!」と考えました。そこで、第一次世界大戦が終わると各地で 独立運動民族運動 が起きるようになりました。

lecturer_avatar

この章では、アジア諸地域で発生した独立運動・民族運動について学習します。

第1回「新文化運動と中国の民衆運動」

lecturer_avatar

第1回・第2回の授業では 中国 に注目します。中国では、知識人たちによる 新文化運動 と呼ばれる啓蒙運動が見られました。

lecturer_avatar

中国には多くの人が暮らしています。知識人たちはその人数に注目し、多くの国民を巻き込んだ民衆運動を起こそうと考えました。

lecturer_avatar

ただ、国民の多くははっきりいって「無知」な状態です。そこで知識人たちは 本や雑誌などの出版物 を通じて人びとの意識を変え、革命を起こそうと考えたのです。この動きを 新文化運動 といいます。

第2回「北伐と中国共産党の動向」

lecturer_avatar

1912年、中国では 中華民国 が成立しました。「民国」という名前がついていますが、はっきりいって全く民のための国家ではありませんでした。 軍閥 と呼ばれる一部の軍部が権力を握り、ヨーロッパや日本と結託して、政権維持に努めていたのです。

lecturer_avatar

そこで中国では、北京に成立していた軍事政権を打倒し、民衆のための国づくりを行おうとする動きが見られるようになりました。これを 北伐 といいます。

lecturer_avatar

第2回では、この北伐の動きと、 毛沢東 という人物を主席とする 中国共産党 の動向について学習します。

第3回「朝鮮と東南アジアの民族運動」

lecturer_avatar

第3回の授業では 朝鮮と東南アジアの民族運動・独立運動 を学習します。

lecturer_avatar

日本の支配を受けていた朝鮮では、第一次世界大戦の講和条約で示された「民族自決」の原則に触発され、大規模な民族運動が発生しました。

lecturer_avatar

欧米列強に支配されていた東南アジアでは、大戦後に各国で独立運動が見られました。カリスマ的な指導者を中心に政党が結成され、列強に対し独立運動を展開したのです。

lecturer_avatar

これらの民族運動・独立運動の多くは鎮圧されてしまいました。ただし、大戦後に各国で独立を求める動きが見られたことは非常に重要です。どの国でどのような動きがあったのか、国別でしっかり覚えてあげましょう。

第4回「インドの民族運動」

lecturer_avatar

第4回の授業では、第一次世界大戦中・大戦後の インド に注目します。

lecturer_avatar

大戦後のインドでは ガンディー という人物がイギリスに対する抵抗運動を主導しました。彼は 非暴力・不服従 、つまりイギリスに対して暴力は行使しないが、イギリスの言いなりにはならない、という姿勢を貫きました。

lecturer_avatar

ガンディーが指導した抵抗運動は、幅広い階層を巻き込んだ運動へ発展しました。一部の革命家だけではなく、女性や子どもも含めて多くの国民が参加する運動になったのです。

lecturer_avatar

武装蜂起なら軍隊を派遣して鎮圧すればおしまいです。しかし、ガンディーらの運動は「非暴力」の抵抗運動です。簡単に武力で鎮圧するわけにもいかず、イギリス政府は対応に苦慮することになりました。

第5回「トルコ革命」

lecturer_avatar

第5回の授業では、第一次世界大戦に敗れた オスマン帝国(トルコ) に注目します。

lecturer_avatar

敗戦国となったオスマン帝国は、連合国から不平等な講和条約を押し付けられました。さらに、ギリシア軍によってイズミルという地域を占領されてしまいました。

lecturer_avatar

そんな中、ある人物がトルコ人の主権と領土を守るために立ち上がり、なんとギリシア軍を撃退したのです。彼はオスマン帝国を滅ぼし、新たに成立した トルコ共和国 の初代大統領となりました。

第6回「イスラーム諸国の動向」

lecturer_avatar

第6回の授業では、トルコ以外のイスラーム諸国の動向を見ていきます。イランや中東(現在のシリア・イラク・エジプト・アフガニスタンなど)の国々です。

lecturer_avatar

実は、これらの国々は比較的あっさりとイギリスから独立を果たすことができました。当時イギリスは、アジア最大の植民地である インド で起きた、ガンディー率いる大規模な民族運動への対応で手一杯だったのです。

lecturer_avatar

イギリスがインドへの対応を迫られる中、エジプト・イラン・アフガニスタンなどは独立を勝ち取っていくことになりました。

lecturer_avatar

一方、シリア・レバノンなど旧オスマン帝国領であった西アジア地域の国々は、大戦後にイギリス・フランスによって委任統治されることになりました。

lecturer_avatar

分割統治にあたり、英仏は民族や宗派を無視して自分たちに都合の良い国境線を引きました。その結果、この地域では宗教対立・民族紛争が頻発するようになったのです。現代でも中東地域の情勢が不安定なのは、ここに理由があります。

戦間期のアジア諸地域 右ページテキスト

lecturer_avatar

以上、合計6回の授業で、戦間期のアジア諸地域について勉強していきましょう!

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

戦間期のアジア諸地域をみる視点
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      戦間期のアジア諸地域

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B