高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!朝鮮でおきた「民族自決」を求める動き!

13
Movie size

5分でわかる!朝鮮でおきた「民族自決」を求める動き!

13

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

朝鮮でおきた「民族自決」を求める動き!

戦間期のアジア諸地域3 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

戦間期のアジア諸地域、第3回。
今回は「朝鮮と東南アジアの民族運動」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「三・一独立運動」です。
第一次世界大戦終結後、アジア諸地域で列強支配からの独立を求める運動が発生しました。今回は、その中でも 朝鮮 で発生した民族運動にスポットライトをあてます。

日本は朝鮮総督府を設置、武断政治を行った

lecturer_avatar

まずはおさらいです。
初代統監 伊藤博文 が暗殺された後、日本は1910年に 韓国併合 を行いました。これにより韓国は 日本の完全な植民地 となり、「韓国」という国号が廃され「朝鮮」と呼ばれるようになりました。

lecturer_avatar

韓国併合後、日本は朝鮮を支配する機関として 朝鮮総督府 を設置しました。朝鮮総督府は天皇直属の機関とされ、憲兵や軍隊などの 武力による支配 を行いました。これを 武断政治 といいます。

三・一独立運動の発生

lecturer_avatar

1919年3月1日、武断政治への反発や民族独立の要求が強まる中で 三・一独立運動 が発生しました。

lecturer_avatar

朝鮮の人びとは、パリ講和会議で提唱された 民族自決の原則 に強い影響を受けました。民族自決とは「 自分の民族のことは自分で決める 」ことを指します。

lecturer_avatar

人びとは「私たち朝鮮人のことは私たちが決める、日本が決めるのはおかしい!」と考え、朝鮮各地で「独立万歳」とさけぶデモを行ったのです。

lecturer_avatar

ちなみに同年5月4日には、中国で 五・四運動 が発生しています。第一次世界大戦後の朝鮮と中国で、日本支配に対する抵抗運動・民族運動が発生したこと、覚えておきましょう。

日本は武断政治→文化政治に転換

lecturer_avatar

三・一独立運動を受けて、朝鮮総督府は従来の武断政治をゆるめ、徐々に 文化政治 へと移行していきました。朝鮮を支配する手段が、武断政治では 暴力 だったのに対し、文化政治では「 朝鮮人を日本人にする 」手段がとられました。

lecturer_avatar

「自分たちは朝鮮人だ!」という意識が強くあるから民族運動が発生する。なら、その意識を弱めてしまえばいい。そこで朝鮮総督府は、日本語教育や日本文化の強制によって、朝鮮を日本に同化させようとしたのです。

戦間期のアジア諸地域3 ポイント1 答え全部

lecturer_avatar

朝鮮で三・一独立運動が起きたこと。その結果、朝鮮総督府が武断政治から文化政治へと移行したこと。合わせて覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

朝鮮でおきた「民族自決」を求める動き!
13
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      戦間期のアジア諸地域

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B