高校世界史B

高校世界史B
5分で解ける!アメリカの動向に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!アメリカの動向に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう
下のカッコ内に入る語句を答えよう

帝国主義の時代5 練習 括弧空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回はアメリカの帝国主義政策について学習しました。
内容を確認していきましょう。

世界第1位の工業生産数!

lecturer_avatar

19世紀末にイギリスを抜いて世界第1位の工業国となったアメリカは、国内市場の飽和に伴い製品市場の拡大を求めて海外に進出しました。

lecturer_avatar

まずアメリカが進出しようと考えたのがカリブ海です。これを カリブ海政策 といいます。

lecturer_avatar

アメリカ国内では、産業発展に伴い巨大企業が登場し、市場を独占するといった問題が発生していました。こうした問題を解決するため、独占の規制や経済の自由化を行おうとする考え方を 革新主義 といいます。

カリブ海政策の推進!

lecturer_avatar

カリブ海政策を推進したのは2人の大統領でした。1人目は マッキンリー です。彼はキューバの独立運動支援を口実に アメリカ=スペイン戦争 を起こして勝利すると フィリピン・グアム・プエルトリコ を獲得しました。

lecturer_avatar

さらには太平洋の ハワイ も併合し、列強の中国分割に対しては 門戸解放宣言 を発表しました。

lecturer_avatar

カリブ海政策を推進した2人目の大統領 セオドア=ローズヴェルト は、アメリカの軍事力を背景に「 懇望外交 」と呼ばれる強権的な外交を展開しました。

lecturer_avatar

その典型例としてあげられるのが、パナマをコロンビアから分離・独立させた上に パナマ運河 を建設したことです。

ウィルソン大統領の時代に起きた変化とは!?

lecturer_avatar

ウィルソン大統領は「 宣教師外交 」と呼ばれる新たな外交方針を示しました。たとえ武力を用いてでも、アメリカは民主政治を全世界に広めなければならないと考えたのです。

lecturer_avatar

この「宣教師外交」は、21世紀の現在でもアメリカ合衆国に影響を与えています。

答え
帝国主義の時代5 練習 答え
アメリカの動向
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校世界史Bの問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義の時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B