高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!ウィルソン大統領の時代に起きた変化とは?

0
Movie size

5分でわかる!ウィルソン大統領の時代に起きた変化とは?

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

ウィルソン大統領の時代に起きた変化とは?

帝国主義の時代5 ポイント3 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

ポイントの3つ目は「新しい自由/宣教師外交」です。
ポイント2では マッキンリー 大統領と セオドア=ローズヴェルト 大統領を紹介しました。この2人の後にタフトという人物が大統領になり、その後に就任したのが今回紹介する ウッドロー=ウィルソン 大統領です。

lecturer_avatar

彼が行った国内政策と外交について確認していきます。

「新しい自由」

lecturer_avatar

ウィルソンは、1912年の大統領選挙で「 新しい自由 」という政治理念を掲げました。企業の規制や直接民主制の推進などを通じて、個人や中小企業など 立場が弱い人を救済しよう と考えたのです。簡単に言えば「弱者救済」の考え方です。

「宣教師外交」

lecturer_avatar

一方でウィルソンは「 宣教師外交 」と呼ばれる外交方針をとりました。アメリカのような資本主義・民主主義体制を持つことができれば、どんな国でもアメリカと同じように発展できると考え、民主政治など「アメリカ風の政治」を輸出しようとしたのです。

帝国主義の時代5 ポイント3 答え全部

lecturer_avatar

ウィルソンの宣教師外交は現代のアメリカ外交にも影響を及ぼしています。アメリカ合衆国は 独裁政治 を忌み嫌い、そんな政治が行われている国があれば武力を用いてでも民主政治を輸入しようとします。また、この「宣教師外交」はアメリカが他国に干渉する口実ともなっています。

lecturer_avatar

以上、ウィルソン大統領の政策を紹介しました。彼はカリブ海のみならず世界にアメリカの民主政治を輸出しようと考えたのです。しっかり覚えておきましょう。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

ウィルソン大統領の時代に起きた変化とは?
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義の時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B