高校世界史B

高校世界史B
5分でわかる!世界第1位の工業生産数!

26
Movie size

5分でわかる!世界第1位の工業生産数!

26

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

世界第1位の工業生産数!

帝国主義の時代5 ポイント1 答え全部

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

帝国主義の時代、第5回。
今回は「アメリカの動向」について学習します。

lecturer_avatar

ポイントの1つ目は「カリブ海政策の始まり」です。
19世紀末、アメリカはイギリスを抜いて 世界第1位の工業国 となりました。そんなアメリカでは、産業発展に伴う ある問題 が発生するようになりました。

lecturer_avatar

いったいどんな問題だったのでしょうか?

独占の規制

lecturer_avatar

世界最大の工業国となったアメリカが抱えていた問題。それは巨大企業や一部の権力者・富裕層による 独占 でした。巨大企業の登場によって自由競争が失われ、一部の富裕層が経済を独占することで失業者が発生したのです。

lecturer_avatar

そこで、20世紀初めのアメリカの政権は 独占の規制労働条件の改善 に乗り出しました。これらの改革を 革新主義 といいます。

「独占の規制」見出し+テキスト全部

カリブ海政策

lecturer_avatar

1889年、アメリカは 第1回パン=アメリカ会議 を主催しました。南北アメリカ大陸諸国の代表が集まる会議です。 アメリカは指導力を発揮して、参加国に政治的・経済的な協力関係を築くよう迫りました。

lecturer_avatar

1890年には フロンティアの消滅 が宣言されました。白人入植者が合衆国のほぼ全域に広がったことを示す宣言です。つまり、合衆国内ではこれ以上製品市場を広げることができないことが示されたのです。

lecturer_avatar

以上のような背景から、アメリカは隣接するキューバなど カリブ海 の支配を目指すようになりました。その政策を カリブ海政策 といいます。

「カリブ海政策」見出し+テキスト全部

lecturer_avatar

次のポイントでは、カリブ海政策の具体的な内容を学習します。

Shinzato

この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

世界第1位の工業生産数!
26
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      帝国主義の時代

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校世界史B