高校世界史B
高校世界史B
5分で解ける!主権国家体制と西欧絶対王政(第3問)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!主権国家体制と西欧絶対王政(第3問)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題
一緒に解いてみよう

主権国家体制と西欧絶対王政/確認テスト(第3問)

高校世界史 主権国家体制と西欧絶対王政7 確認テスト(後半)

解説
これでわかる!

問題の解説授業

問題(1)

問題3(1)

lecturer_avatar

重商主義政策 とは、 国家が積極的に経済活動に介入 しようとする政策です。選択肢後半の「極力経済活動への介入を避けた」という説明とは正反対です。いきなりですが、答えは となります。

lecturer_avatar

②封建貴族は 官僚 として国王の政治を補佐しました。代わりに国王は官僚たちに高額な給料を払っていました。

lecturer_avatar

常備軍 は国王が私的に利用できる軍隊です。もちろん兵士たちには給料を払う必要があります。官僚制や常備軍といった絶対王政に必要なシステムを維持するためにも、絶対王政国家は 積極的に経済活動に介入する重商主義政策をとったのです。

lecturer_avatar

王権神授説 は、王の権力は神から授かったものだとする考え方です。この理論を利用することで、絶対王政国家の国王は 自らの王権を正当化しました。

(1)の答え
問題3(1)答え入り

問題(2)

問題3(2)

lecturer_avatar

①財務総監 コルベール重商主義政策 を展開して積極的に経済に介入しました。さらに 東インド会社の再建 も行っているので、この文章は問題ありません。

lecturer_avatar

②神学者 ボシュエ はルイ14世の時代に 王権神授説 を提唱しました。さらに皇太子(ルイ14世の息子)の教育係を務めたことでも知られています。②の文章も問題ありません。

lecturer_avatar

③ルイ14世は ナントの王令を廃止 して ユグノーを弾圧しました。 選択肢の「積極的に保護」という記述とは正反対ですね。この文章は誤りなので、答えは となります。

lecturer_avatar

④ルイ14世の時代、パリ郊外に ヴェルサイユ宮殿 が建設されました。これも問題ありません。

(2)の答え
問題3(2)答え入り
lecturer_avatar

この章では、西ヨーロッパの絶対王政を スペイン・イギリス・フランス の3つに分けて勉強しました。各国では 重商主義政策 が展開され、自国の利益のために 国家が積極的に経済に介入しました。

lecturer_avatar

その中で、 北米やインドに植民地を建設 したのが イギリスフランス でした。両国は衝突し、最終的に勝利を収めた イギリス は広大な植民地を獲得しました。

lecturer_avatar

植民地を手にしたイギリスは、この後さらなる発展を遂げることになります。復習する際は、この大きな流れを忘れないようにしてくださいね。

Shinzato
この授業の先生

新里 将平 先生

「世界史を楽しく,わかりやすく教えたい!」をモットーにストーリー性のある授業展開で、歴史上の人物や国が当時何を考え、どう動いたかを感情を込めて伝える。

主権国家体制と西欧絶対王政(第3問)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      主権国家体制と西欧絶対王政

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校世界史B