高校生物基礎

高校生物基礎
5分で解ける!生態ピラミッドに関する問題

7

5分で解ける!生態ピラミッドに関する問題

7
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物基礎 生態系4 練習 すべて空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業

個体数・生物量はピラミッド状

高校 生物基礎 生態系4 練習(1)

lecturer_avatar

各栄養段階の個体数・生物量を図示すると、栄養段階が上がるごとに減っていくピラミッド状になりましたね。これらをあわせて 生態ピラミッド と呼びました。

高校 生物基礎 生態系4 練習(2)

lecturer_avatar

(1)でも確認しましたが、栄養段階が上がると、個体数・生物量は 減少する傾向 にあります。逆ピラミッド型になるような例外も存在しますが、傾向としては栄養段階が高くなるほど、個体数・生物量ともに減少する傾向にあります。

答え
高校 生物基礎 生態系4 練習 すべてうめる
難関大合格パーソナルプログラム
生態ピラミッド
7
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

生態系

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      生態系と物質循環、エネルギー循環

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校生物基礎