高校生物基礎

高校生物基礎
5分でわかる!大気中の窒素の取り込み

7
Movie size

5分でわかる!大気中の窒素の取り込み

7

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

大気中の窒素の取り込み

高校 生物基礎 生態系7 ポイント1

これでわかる!
ポイントの解説授業

窒素(N)は、タンパク質と核酸に含まれる

lecturer_avatar

生物を構成する物質は、生物と非生物的環境の間で循環をしていましたね。

復習
高校 生物基礎 生態系6 ポイント1(前回の図です)
lecturer_avatar

前回は炭素(C)に注目して循環を見てきましたが、今回は 窒素(N)の循環 について学習しましょう。 窒素 は生物を構成する物質のうち、 タンパク質と核酸に含まれる元素 になります。いったいどのような経路で生物へと取り込まれ、タンパク質や核酸に変化していくのでしょうか。

窒素固定とは?

lecturer_avatar

窒素は、非生物学的環境ではどこにいるでしょうか? 大気中に 窒素(N2) として多く存在しています。大気は、酸素や二酸化炭素なども含んでいますが、約8割は窒素から構成されています。

lecturer_avatar

ただし、生物は大気中に存在する窒素を吸い込んでも、体内に直接取り込んで利用することはできません。では、どのようにして大気中に存在する窒素は、生物に利用されるのでしょうか。

lecturer_avatar

次の図を用いながら解説しましょう。

高校 生物基礎 生態系7 ポイント1 ポイントのぞく 図のうち右側のテキストのぞく
lecturer_avatar

実は、窒素(N)はアンモニウムイオン(NH4+)に変換されることで、生物に利用されるようになります。大気中の窒素をアンモニウムイオンに変化させることを 窒素固定 といいます。

窒素固定生物は細菌とシアノバクテリア

lecturer_avatar

窒素固定を行うことができる生物は 窒素固定生物 といい、非常に限られた種しかありません。窒素固定生物の例としては アゾトバクター・クロストリジウム・根粒菌・ネンジュモ などがあげられます。

高校 生物基礎 生態系7 ポイント1 ポイントのぞく
lecturer_avatar

窒素固定生物は大きく分けると、 細菌シアノバクテリア に分けることができます。

lecturer_avatar

アゾトバクター・クロストリジウム・根粒菌細菌 です。 ネンジュモシアノバクテリア です。いずれも原核生物であることが共通点ですね。

lecturer_avatar

次のポイントでは、どのようなプロセスを経てアンモニウムイオン(NH4+)がタンパク質や核酸になるかを見ていきましょう。

高校 生物基礎 生態系7 ポイント1 ポイント含めてすべて
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

大気中の窒素の取り込み
7
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      生態系

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          生態系と物質循環、エネルギー循環

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎