高校生物基礎
高校生物基礎
5分でわかる!生態系のバランスに影響を与える種

2
Movie size

5分でわかる!生態系のバランスに影響を与える種

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

生態系のバランスに影響を与える種

高校 生物基礎 生態系3 ポイント1

これでわかる!

ポイントの解説授業

lecturer_avatar

生物は有機物のとり方によって生産者・消費者・分解者の3つの栄養段階に分かれ、そこには食物連鎖がありました。実際の生態系では食物連鎖は複雑に絡み合い、食物網が形成されていましたね。

復習
高校 生物基礎 生態系2 ポイント3 (前回の図です)
lecturer_avatar

実は、食物網の中には、いなくなると生態系が大きく変化してしまうような重要な種が存在しています。今回はどのような生物が重要で、どうしてその生物が重要となるのかについてみていきましょう。

生態系の維持に不可欠なキーストーン種

lecturer_avatar

下に示した3枚の写真はそれぞれラッコ、ウニ、ジャイアントケルプ(海藻)です。ラッコはウニを食べ、ウニはジャイアントケルプを食べます。この3種が生育している生態系を例にとって重要な生物についてみていきます。

高校 生物基礎 生態系3 ポイント1 ポイントは除く
lecturer_avatar

生態系において重要な生物種のことを キーストーン種 (キーストーン捕食者)といいます。食物網の上位に位置し、生態系の維持に不可欠な生物種がキーストーン種となります。簡単にいえば、その地域の生態系からいなくなると生態系が大きく変化していまう種ということです。

lecturer_avatar

今回の例でいえば、ラッコ、ウニ、ジャイアントケルプ(海藻)のうち、どれがキーストーン種かわかりますか?

lecturer_avatar

正解は、ラッコです。確かに食物網の上位に位置していますね。

もし生態系からラッコがいなくなったら…

lecturer_avatar

実際、ラッコが乱獲などでいなくなったとすると、生態系はどう変化するかを考えてみましょう。

高校 生物基礎 生態系3 ポイント1 ポイントは除く
lecturer_avatar

ラッコがいなくなると、ウニが捕食されなくなるので、ウニの個体数は増加しますね。ウニの個体数が増加すると、ウニに食べられるジャイアントケルプの個体数は減少します。

lecturer_avatar

影響はこの2種だけに及びません。ジャイアントケルプは非常に大きな植物で、小魚などのすみかとして、重要な役割を果たしています。ジャイアントケルプの個体数が減少してしまうことで小魚などのすみかがなくなり、小魚もその地域に生息することができなくなります。

lecturer_avatar

ラッコがいなくなることで、多くの種に影響を及ぼしていますね。食物網の上位に位置する種は、キーストーン種であるということがわかると思います。

高校 生物基礎 生態系3 ポイント1 ポイント含める
Hoshino
この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

生態系のバランスに影響を与える種
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      生態系

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          生態系と物質循環、エネルギー循環

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校生物基礎