高校化学

高校化学
5分でわかる!緩衝液とpH

0
Movie size

5分でわかる!緩衝液とpH

0
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の要点まとめ

ポイント

緩衝液とpH

高校化学 化学反応の速さと平衡22 ポイント2 答えあり

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「緩衝液とpH」です。

高校化学 化学反応の速さと平衡22 ポイント2 答えなし

lecturer_avatar

前回は、緩衝液の水素イオン濃度を求めました。
緩衝液の水素イオン濃度は、元になった水溶液の 濃度電離定数 から求められるのでしたね。
今回は、緩衝液のpHを文字で表してみましょう。

pH=-log10[H+]

lecturer_avatar

まず、前回の授業で、 水素イオン濃度[H+] は次のようになりましたね。
  [H+]=Ca/Cs×Ka

lecturer_avatar

あとは、これを利用して pH を求めましょう。
pHの求め方は覚えていますか?
  pH=-log10[H+]

lecturer_avatar

今回の場合は、次のようになります。
  pH=-log10(Ca/Cs×Ka)

高校化学 化学反応の速さと平衡22 ポイント2 答えあり

lecturer_avatar

このように、 緩衝液のpHは電離定数の式から求める ことを覚えておきましょう。

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

春キャンペーン2019
緩衝液とpH
0
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019