高校化学

高校化学
5分でわかる!緩衝材とpHの計算

0
Movie size

5分でわかる!緩衝材とpHの計算

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

緩衝液とpHの変化

高校化学 化学反応の速さと平衡21 ポイント2 答えあり 要修正

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

今回のテーマは、「緩衝液とpHの変化」です。

lecturer_avatar

みなさんは、 緩衝液 の定義を学習しましたね。
緩衝液とは、外から加えた少量の酸または塩基の影響を打ち消して、 pHをほぼ一定に保つ水溶液 のことでした。

lecturer_avatar

今回は、緩衝液の仕組みについて、より深く理解していきましょう。

緩衝液に少量の酸を加えても、pHは一定

lecturer_avatar

図のように、酢酸と酢酸ナトリウムでつくった緩衝液があります。

高校化学 化学反応の速さと平衡21 ポイント2 中央上の図のみ 要修正

lecturer_avatar

さぁ、この水溶液に、少量の酸を加えてみます。
どのような変化が起こるでしょうか?
このとき、緩衝液中の 酢酸イオンが水素イオンを受け取る ことになります。
酢酸は弱酸なので、酢酸イオンはイオンの状態でいたくないというイメージです。
ということは、水素イオンの濃度は変化しないので、pHも一定に保たれます。
きちんと緩衝液の役割を果たしていますね。

高校化学 化学反応の速さと平衡21 ポイント2 答えあり 要修正

緩衝液に少量の塩基を加えても、pHは一定

lecturer_avatar

次に、この水溶液に少量の塩基を加えてみましょう。
すると、 水酸化物イオンと酢酸が中和し 、水が生じます。
溶液中の水素イオン濃度も、水酸化物イオン濃度もほとんど変化しませんよね。
このように、塩基を加えた場合も、pHは一定に保たれます。

高校化学 化学反応の速さと平衡21 ポイント2 答えあり 要修正

lecturer_avatar

以上のように、酸や塩基を加えても、pHを一定に保つはたらきを、 緩衝作用 といいます。

高校化学 化学反応の速さと平衡21 ポイント2 答えあり 要修正

Igarashi

この授業の先生

五十嵐 健悟 先生

「目に見えない原子や分子をいかにリアルに想像してもらうか」にこだわり、身近な事例の写真や例え話を用いて授業を展開。テストによく出るポイントと覚え方のコツを丁寧におさえていく。

緩衝材とpHの計算
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      化学反応の速さと平衡

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          水溶液中の化学平衡

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              高校化学