高校化学基礎

高校化学基礎
5分で解ける!化学反応と過不足の計算に関する問題

28
Movie size

5分で解ける!化学反応と過不足の計算に関する問題

28

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 理科 化学基礎 物質の変化15 練習 カッコ空欄

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習問題を解いていきましょう。

高校 理科 化学基礎 物質の変化15 練習(1)(2) 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、 化学反応式 を書く問題です。
マグネシウムと塩酸の化学反応式は以下のようになります。
  Mg+2HCl→MgCl2+H2

lecturer_avatar

(2)は、物質の 過不足 に関する問題です。
問題文から原子量24のマグネシウムが24g存在するということがわかっています。
つまり、マグネシウムは1mol存在しているわけですね。
一方、塩酸は 「十分な量」 と書かれていますね。
ということは、 マグネシウムはすべて反応した ことになります。

lecturer_avatar

ですからこの場合は、係数の比の通りに、H2も1mol発生します。
よって、答えは、 1mol です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化15 練習(1)(2) 答えあり

化学反応において過不足がある場合、「不足する方」の物質を基準にする

高校 理科 化学基礎 物質の変化15 練習(3) 答えなし

lecturer_avatar

(3)は、(2)とよく似た問題ですね。
どこが違っているかわかりますか?
(2)は十分な量の塩酸が 存在していましたが、 (3)では塩酸は1molだけ しかありません。
よって、この問題は、過不足について考える必要があります。

lecturer_avatar

さて、今回不足するのは、MgとHClのどちらでしょうか?
MgとHClは1:2の比で反応します。
しかし、物質量は、どちらも1molですね。
つまり、 不足するのはHCl です。
HClがちょうど1mol発生するということは、H2は0.5mol生成します。

lecturer_avatar

標準状態において、多くの気体の体積は、1molあたり22.4Lでしたね。
0.5molの体積は、11.2Lとなります。
したがって、答えは 11.2L です。

高校 理科 化学基礎 物質の変化15 練習(3) 答えあり
化学反応と過不足の計算
28
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      化学反応式と量的関係の練習

      高校化学基礎の問題

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      物質の変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          化学反応式と量的関係

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校化学基礎

              高校化学基礎