高校物理

高校物理
5分で解ける!交流(コイルの接続)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!交流(コイルの接続)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校物理 電磁気55 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

コイルに交流電源を接続する問題です。コイルの誘導リアクタンスと電流Iを求めましょう。

電圧の式から角速度ωを読み取る

高校物理 電磁気55 練習 (1)問題文

lecturer_avatar

コイルの 抵抗に相当する値誘導リアクタンス を求める問題です。コイルのリアクタンスは、角速度ωと自己インダクタンスLを用いて、 ωL で表されました。

lecturer_avatar

問題文より、L=3.2[H]とわかります。では角速度ωの値はどうでしょうか?
電圧V=141sin100πt の式に注目しましょう。この式は、
V=V0sinωt
と対応していますね。 最大電圧V0=141[V]、ω=100π であることがわかります。あとは、式ωLに値を代入して求めましょう。

(1)の答え
高校物理 電磁気55 練習 (1) 解答全て

振幅はI0、位相は電圧より90°後

高校物理 電磁気55 練習 (2) 問題文

lecturer_avatar

電流Iについて、 位相最大電流I0 を1つ1つ考えていきましょう。

lecturer_avatar

まずは 位相 について。交流電源にコイルを接続しているので、流れる電流Iの位相は、電圧Vよりも 90°遅れています ね。つまり、 100πt-(π/2)電流Iの位相 となります。

高校物理 電磁気55 練習 (2) 図の上のI=の式と手書き図

lecturer_avatar

では、 最大電流I0 の値はどうなるでしょうか?
V0=ωL×I0
にV0=141[V]、ωL=1.0×103[Ω]を代入すると、 I0=0.14[A] となります。

lecturer_avatar

つまり、 I=0.14×sin{100πt-(π/2)} ですね。次の解答では、三角関数の公式 sin(x-π/2)=-cosx を使って、cosの形に変形しています。

(2)の答え
高校物理 電磁気55 練習 (2)解答すべて
交流(コイルの接続)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。