高校物理

高校物理
5分で解ける!v-tグラフに関する問題

3
Movie size

5分で解ける!v-tグラフに関する問題

3
春キャンペーン2019春キャンペーン2019

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

運動と力3 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

今回の練習問題は、物体が運動を始めてから止まるまでの移動距離をv−tグラフから読みとる問題です。

v−tグラフの面積=移動距離

運動と力3 練習 全部

lecturer_avatar

まず、グラフを確認しましょう。グラフをみると、物体は0[s]の時に動き出し、4.0[s]の時に速度vが0[m/s]になっているのがわかりますね。つまり、物体は運動を開始してから4.0[s]後に止まっています。したがって、今回の問題ではスタートしてから4.0[s]後までの移動距離を求めましょう。移動距離は v−tグラフの面積 から求められましたね。

運動と力3 練習 図のみ

lecturer_avatar

このグラフは三角形の形なので、(面積)=(底辺4.0[s])×(高さ1.0[m/s])÷2で求められます。ここで、 有効数字 に注意しましょう。4.0[s]、1.0[m/s]はどちらも 有効数字2桁 なので 答えも有効数字を2桁 にしましょう。

答え
運動と力3 練習 式と答え
春キャンペーン2019
v-tグラフ
3
友達にシェアしよう!
春キャンペーン2019

高校物理の問題