高校物理

高校物理
5分で解ける!速さと速度に関する問題

47
Movie size

5分で解ける!速さと速度に関する問題

47

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

運動と力1 練習 全部

解説

これでわかる!
練習の解説授業

「右向きが正」をしっかり確認

lecturer_avatar

問題を解く前に、問題文をしっかり読みましょう。大切な条件、 「右向きを正の向きにとる」 と書いてありますね。図を見ても右向き+と丁寧に書かれていることを確認しておきましょう。

速さは、(距離)÷(時間)で求めよう

運動と力1 練習 イラストと(1)

lecturer_avatar

この問題は二人の移動する 速さ を求める問題ですね。
速さのポイントを覚えていますか?
速さを求めるときの計算は、(距離)÷(時間) でした。
速さは方向と関係なく 大きさ だけ表すのでしたね。
今回は8m(=距離)を4秒間(=時間)で移動しているので、8mを4秒で割ると速さを求めることができます。

(1)の答え
運動と力1 (1)の式と答え

速度は、速さに方向を含めたもの

運動と力1 練習 イラストと(2)

lecturer_avatar

今度は 速度 を答える問題です。
(1)で求めたのは 速さ だったので、方向は関係なくAさんBさんも速さ2[m/s]でした。
しかし、 速度は方向を含めたもの であることを覚えていますか。
Aさんは右向きに進んでいるし、Bさんは左向きにすすんでいますね。
速度を表すときは、 右向きを+に定めて符号で表す のがルールでした。
つまり Aさんは左向きに進んでいるので-2[m/s]、Bさんは右向きに進んでいるので+2[m/s] と表すことができます。

(2)の答え
運動と力1 練習 (2)の式と答え
速さと速度
47
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      高校物理の問題