高校英語文法

高校英語文法
5分で解ける!仮主語のit(It is 形容詞 ~ のパターン)に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!仮主語のit(It is 形容詞 ~ のパターン)に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校英語文法 代名詞7・8の練習(1)(2) アイコンあり

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

この問題を解くポイントは 「仮主語のit(It is 形容詞〜のパターン)」をしっかり押さえること です。

高校英語文法 代名詞7・8のポイント アイコンあり

本当の主語はtoから始まる

lecturer_avatar

では,さっそく問題を解いていこう。

高校英語文法 代名詞7・8の練習(1) アイコンなし

lecturer_avatar

(1)では,本当の主語はどれか考えると,
It is 形容詞 to 動詞の原形
の文章になっているから to以下が本当の主語 だとわかるね。

lecturer_avatar

to keep early hours「早寝早起きをすること」 だよ。
これを最初に持ってきて訳してみると,
It is a good habit to keep early hours.
早寝早起きをすることは良い習慣だ。」
となるね。

(1)の答え
高校英語文法 代名詞7・8の練習(1)の答え アイコンなし

長くなるから後ろにある主語

lecturer_avatar

続いて,(2)を見てみよう。

高校英語文法 代名詞7・8の練習(2) アイコンなし

lecturer_avatar

(2)では,It is 形容詞 that SV~ の形の文章になっているね。
だから 本当の主語は,that以下にあるんだよ。

lecturer_avatar

that children swim in the river「子供たちが川で泳ぐこと」だね。
これを最初に持ってきて訳してみると,
It is dangerous that children swim in the river.
子供たちが川で泳ぐのは危険だ。」
となるんだね。

lecturer_avatar

本当の主語の意味のかたまりが少し長くなっているね。
もし最初に置くと頭でっかちなる。
だからこそ,Itという仮主語を使って後ろに置いているんだね。

(2)の答え
高校英語文法 代名詞7・8の練習(2)の答え アイコンなし
仮主語のit(It is 形容詞 ~ のパターン)
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      代名詞

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校英語文法