中2理科
中2理科
5分で解ける!雲ができる仕組みに関する問題

2
Movie size

5分で解ける!雲ができる仕組みに関する問題

2

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習
一緒に解いてみよう

中2 地学14 練習1 答えなし

解説
これでわかる!

練習の解説授業

気圧が下がる⇒気温が下がる⇒水蒸気が水滴になる

中2 地学14 練習1 答えなし

lecturer_avatar

練習1は雲をつくる実験に関する練習問題です。
図のように容器を2つ用意して、空気を抜いたときの様子を比べます。
図1の容器には、デジタル温度計・気圧計・ゴム風船が入っています。
図2には、水と線香のけむりが入っていますね。

lecturer_avatar

(1)は、容器の中の空気を抜くと、中に残った空気はどのようになるかを答える問題です。
答えは、イの膨張するです。
なぜかというと、空気を抜くと、中の空気が少なくなります。
すると、中に残された空気はまわりに広がるわけです。
(2)は、図1で空気を抜いたときの変化を答える問題です。
気圧・気温・風船の順に考えていきましょう。
まず、空気を抜くと、中の空気が減ります。
すると、気圧が下がることになります。
次に気温がどうなるかわかりますか?
中の空気が少なくなると、残された空気は広がります。
広がった空気は、気温が下がるのでしたね。
スプレー缶を使ったあとに、冷たくなるのと同じですね。
最後に風船を確認していきます。
風船のまわりは、空気がうすくなっています。
すると、風船の中の空気が広がろうとて、 ふくらむ ことになります。

lecturer_avatar

(3)は、図2の変化を答える問題です。
容器の中の気圧が下がると、空気中の水蒸気が冷やされました。
これによって、水蒸気が水滴になるのでしたね。
これは、上空で雲ができるのと同じ変化でした。
容器の中の変化としては、 中がくもる が正解になります。

答え
中2 地学14 練習1 答えあり
Itami
この授業の先生

伊丹 龍義 先生

教員歴15年以上。「イメージできる理科」に徹底的にこだわり、授業では、ユニークな実験やイラスト、例え話を多数駆使。

雲ができる仕組み
2
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      天気とその変化

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          雲のでき方

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科