中2理科

中2理科
5分で解ける!日本の春、夏、秋の天気に関する問題

35

5分で解ける!日本の春、夏、秋の天気に関する問題

35
トライのオンライン個別指導塾トライのオンライン個別指導塾

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中2 地学10 練習2 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

練習2は夏の天気図に関する問題です。

夏には、小笠原気団の影響で高温多湿

中2 地学10 練習2 答えなし

lecturer_avatar

(1)は、夏に発達する気団とその特徴を答える問題です。
日本のまわりには、4つの気団がありましたね。
夏に発達するのがどれだったか、覚えていますか?
図を見ると、日本の南のあたりに高気圧がありますね。
これが 小笠原気団 です。
あとは、小笠原気団の特徴を選びましょう。
小笠原気団は、南にあり、その下は海でしたね。
つまり、 温かく湿っている ことがわかります。

lecturer_avatar

(2)は夏の天気の特徴を答える問題です。
(1)より、夏に発達する小笠原気団は、温かく湿っていました。
これをいいかえると、高温多湿ということになります。
したがって、答えは です。

答え
中2 地学10 練習2 答えあり
トライのオンライン個別指導塾
日本の春、夏、秋の天気
35
友達にシェアしよう!
トライのオンライン個別指導塾

この授業のポイント・問題を確認しよう

天気とその変化

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      日本の季節と天気

      トライのオンライン個別指導塾トライのオンライン個別指導塾

      中2理科