中2理科

中2理科
5分で解ける!オームの法則の計算(並列)に関する問題

3
Movie size

5分で解ける!オームの法則の計算(並列)に関する問題

3

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

中2 物理8 練習1 答えなし

解説

これでわかる!
練習の解説授業
lecturer_avatar

並列回路のオームの法則について、練習問題を解いていきましょう。
図の回路では、電熱線a、bが並列につながれていますね。

オームの法則によると、V(電圧)=R(電流)×I(抵抗)

中2 物理8 練習1(1) 答えあり

lecturer_avatar

(1)は電熱線aの抵抗の大きさを求める問題です。
電源の電圧が12Vであることがわかっていますね。
枝分かれしても電圧の大きさは変わらない ので、電熱線にかかる電圧の大きさは12Vですね。
電熱線aに流れる電流の大きさは2.4Aです。
つまり、電熱線aについて、電流と電圧がわかったわけですね。
それではオームの法則を使って、抵抗の大きさを求めてみましょう。
12=2.4Rより、R=5Ωとなります。
よって、答えは です。

並列回路では、枝分かれしても電圧の大きさは変わらない

中2 物理8 練習1(2) 答えあり

lecturer_avatar

(2)は電熱線bに流れる電流の大きさを求める問題です。
並列回路では、枝分かれしても電圧の大きさは変わりません
このことから、電熱線bにも12Vの電圧が加わります。
抵抗は10Ωですから、オームの法則を使いましょう。
12=10Iより、I=1.2Aです。
答えは、 1.2A となります。

lecturer_avatar

(3)は、(2)のときに、Aの位置に流れる電流の大きさを答える問題です。
回路全体を流れる電流は、電熱線a,bを流れる電流の和に等しい のでしたね。
Aを流れる電流は、2.4+1.2= 3.6A になります。

答え
中2 物理8 練習1 答えあり
オームの法則の計算(並列)
3
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      電流とそのはたらき

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

          オームの法則

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

              中2理科