高校生物

高校生物
5分でわかる!担子菌の生活環

1
Movie size

5分でわかる!担子菌の生活環

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の要点まとめ

ポイント

担子菌の生活環

高校 生物 分類12 ポイント2 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

菌界のうち、担子菌についてみていきましょう。

子実体⇒担子胞子⇒菌糸⇒二核性細胞⇒子実体という循環

lecturer_avatar

担子菌の例としては、マツタケやシイタケなどのキノコがあげられます。
担子菌は、どのような生活環をもっているのでしょうか。

高校 生物 分類12 ポイント2 子実体の図のみ
lecturer_avatar

図は、私たちもよく口にするキノコです。
生物学的には、このような胞子を形成するための構造を子実体といいます。
子実体は、どのように子孫を増やすのでしょうか?

高校 生物 分類12 ポイント2 子実体を含めて、右回りに4つの図(単子胞子の文字まで)
lecturer_avatar

キノコのカサの裏には、図の右側にあるような突起があります。
この突起の中には、核相nの細胞が2つ入っています。
そのため、子実体であるキノコの核相は、(n+n)と表現されます。

lecturer_avatar

まず、2つの細胞が核合体を起こし、核相2nの細胞になります。
次に、減数分裂によって、核相2nの1個の細胞から、核相nの4個の担子胞子ができます。

高校 生物 分類12 ポイント2 図すべて
lecturer_avatar

端子胞子が水場に到達すると、菌糸というかたちで発芽します。
そして、2つの菌糸が接合すると、一部が二核性の細胞になります。
二核性細胞の部分が体細胞分裂をくり返すと、どんどん大きくなって、子実体となるのです。

lecturer_avatar

子実体は、再び新しい担子胞子をつくり、子孫を増やしていきます。
これが担子菌の生活環なのです。

高校 生物 分類12 ポイント2 すべてうめる
Hoshino

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

担子菌の生活環
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      分類

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
          こちらをご覧ください。

          生物の分類と系統

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
              こちらをご覧ください。

              高校生物