高校生物

高校生物
5分で解ける!動物生理(テスト1、第2問)に関する問題

1
Movie size

5分で解ける!動物生理(テスト1、第2問)に関する問題

1

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習2

高校 生物 動物生理10 演習2 すべて空ける

解説

これでわかる!
問題の解説授業

錐体細胞:黄斑に集中的に分布している

高校 生物 動物生理10 演習2 演習2①
lecturer_avatar

視細胞は、2種類に分類することができます。錐体細胞と桿体細胞です。
特に錐体細胞は、波長の違いを認識できることが特徴でした。
錐体細胞は、黄斑に集中的に分布しています。

lecturer_avatar

問題文にある「黄斑・盲斑を除く全体に分布している」というのは、桿体細胞の特徴です。
よって答えは、× です。

lecturer_avatar

ちなみに、盲斑とは、視神経が網膜の外へ出て行くための穴です。
そのため、盲斑には、錐体細胞も桿体細胞も分布することができないのですね。

ロドプシンの合成により暗所での感度が大幅に上昇

高校 生物 動物生理10 演習2 演習2②
lecturer_avatar

暗所に入ると、その瞬間から、ヒトの目は徐々に感度が上昇します。
これは、暗所にて桿体細胞の視物質であるロドプシンが少しずつ合成されるためです。
ロドプシンが合成されることで、桿体細胞が働ける状態になり、大幅に感度が上昇します。
よって答えは、です。

lecturer_avatar

ロドプシンは、非常に弱い光を受容できることが特徴でした。
そのため、暗所に目が慣れるためには必須な視物質なのです。

lecturer_avatar

一方で、暗所では、錐体細胞の感度もわずかですが上昇していきます。
桿体細胞だけでなく、錐体細胞の感度上昇も起こるため、暗所でも目が見えるようになっていくのですね。

遠くを見るとき水晶体は薄くなる

高校 生物 動物生理10 演習2 演習2③
lecturer_avatar

目の遠近調節のメカニズムを思い出しましょう。
このメカニズムには、毛様体という筋肉とチン小帯という構造が関わっていました。

lecturer_avatar

遠くを見るときは、毛様体が弛緩し、チン小帯が緊張します。
すると、水晶体を引っ張る力が加わり、水晶体は薄くなるのです。
よって答えは、です。

lecturer_avatar

一方で、近くを見るときは、毛様体が収縮し、チン小帯がゆるみます。
すると、水晶体を引っ張る力が加わらなくなり、水晶体は、自身がもっている弾力によって厚くなるのです。

lecturer_avatar

遠近調節のメカニズムについて、水晶体の厚さの変化だけでなく、毛様体とチン小帯の変化もあわせておさえましょう。

高校 生物 動物生理10 演習2 すべてうめる
動物生理(テスト1、第2問)
1
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      動物生理

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
          こちらをご覧ください。

          受容器

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
              こちらをご覧ください。

              高校生物