高校生物

高校生物
5分でわかる!聴覚器の構造

14

5分でわかる!聴覚器の構造

14
逆転合格セミナー逆転合格セミナー

この動画の要点まとめ

ポイント

聴覚器の構造

高校 生物 動物生理2 ポイント1 すべてうめる

これでわかる!
ポイントの解説授業
lecturer_avatar

みなさんは、様々な受容器とその適刺激について学習してきました。
今回は、受容器のうち、聴覚器(耳) に注目しましょう。

聴覚器は、外耳、中耳、内耳の3つに分けられる

lecturer_avatar

次の図を見てください。
これは耳の模式図です。

高校 生物 動物生理2 ポイント1 図・すべてうめる
lecturer_avatar

聴覚器は、外耳・中耳・内耳の3つの領域に分けられます。

lecturer_avatar

一番外側にあり、音を集める部分を耳殻といいます。
また、集められた音が通る穴を外耳道といいます。
外耳道の奥にある膜は鼓膜です。
外耳は、耳殻と外耳道をあわせた領域です。

lecturer_avatar

鼓膜の奥は空間になっています。
この空間には耳小骨という骨があります。
また、耳管(ユースタキー管) で咽頭とつながっています。
中耳は、耳小骨と耳管をあわせた領域です。

lecturer_avatar

耳小骨から奥は骨の中の領域です。
この領域にはうずまき管という骨の管があります。
内耳は、主にうずまき管からなる領域です。

lecturer_avatar

音は、図のような耳の構造を通って最終的に認識されます。

高校 生物 動物生理2 ポイント1 すべてうめる

この授業の先生

星野 賢哉 先生

高校時代に生物が苦手だった経験をいかし、苦手な生徒も興味をもてるように、生命現象を一つ一つ丁寧に紐解きながら、奥深さと面白さを解説する。

逆転合格セミナー
聴覚器の構造
14
友達にシェアしよう!
逆転合格セミナー