高校生物

高校生物
5分で解ける!花芽形成(2)に関する問題

0
Movie size

5分で解ける!花芽形成(2)に関する問題

0

子どもの勉強から大人の学び直しまで
ハイクオリティーな授業が見放題

カンタン登録1分

この動画の問題と解説

練習

一緒に解いてみよう

高校 生物 植物生理12 練習 すべて空ける

解説

これでわかる!
練習の解説授業

フロリゲンの特徴をおさえよう

高校 生物 植物生理12 練習 練習(1)
lecturer_avatar

花芽形成ホルモンは、花芽の形成を促進するタンパク質です。
このホルモンは、シロイヌナズナにはFTタンパク質として含まれ、イネにはHd3aタンパク質として含まれています。
このような花芽形成ホルモンをフロリゲンといいます。

高校 生物 植物生理12 練習 練習(2)
lecturer_avatar

長日植物も短日植物も、フロリゲンの合成には暗期の長さが関与していました。
どちらの植物も、暗期の長さを認識することによってフロリゲンが合成され、花芽形成が制御されています。
植物はで暗期を認識し、フロリゲンを合成しています。

lecturer_avatar

フロリゲンは、維管束のうち師管を通って輸送されます。
フロリゲンに限らず、光合成で合成された有機物など、葉で合成されたものは基本的に師管を通ることが特徴です。
一方、維管束のうち道管は、根から吸収した水などを輸送します。

高校 生物 植物生理12 練習 練習(3)
lecturer_avatar

短日植物のフロリゲンの合成に関与する光受容体はフィトクロムです。
フィトクロムには、Pr型とPfr型という2つの型があります。

lecturer_avatar

Pr型は赤色光を吸収してPfr型になりました。
また、Pfr型は遠赤色光を吸収してPr型になりました。

lecturer_avatar

昼間のような明期では、植物中のフィトクロムはPr型から次々とPfr型に変化して蓄えられています。
植物中に蓄積したPfr型は、夜間のような暗期ではゆっくりとPr型に戻る性質がありました。
このようにPfr型から戻ったPr型が一定時間蓄積されると、フロリゲンが合成されます。
よって、フロリゲンの合成に関与するフィトクロムの型はPr型です。

高校 生物 植物生理12 練習 すべてうめる
花芽形成(2)
0
友達にシェアしよう!
Logo black
Register description
  • すべての授業の「要点まとめノート」「問題・解答」をPDF無料ダウンロードできる
  • 学校で使っている教科書にあわせて勉強できる
  • わからないところを質問できる

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
      こちらをご覧ください。

      この授業のポイント・問題を確認しよう

      植物生理

      Logo black
      Register description

          会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
          メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
          こちらをご覧ください。

          花芽形成と防御応答

          Logo black
          Register description

              会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
              メール受信に関するお問い合わせが増えております。メールが届かない場合は
              こちらをご覧ください。

              高校生物