高校生物

高校生物
5分で解ける!植物生理(テスト1、第1問)に関する問題

3

5分で解ける!植物生理(テスト1、第1問)に関する問題

3
難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

この動画の問題と解説

問題

一緒に解いてみよう
演習1

高校 生物 植物生理9 演習1 すべて空ける

解説

これでわかる!
問題の解説授業

子房を果実に変化させるジベレリン

高校 生物 植物生理9 演習1 演習1(1)
lecturer_avatar

子房を果実に変化させる植物ホルモンは、ジベレリンです。
ジベレリンは種なしブドウの作成にも使われます。
種なしブドウを作るプロセスでは、ブドウの房をジベレリン溶液に浸漬させるジベレリン処理が2回施されました。

唯一の気体の植物ホルモン⇒エチレン

高校 生物 植物生理9 演習1 演習1(2)
lecturer_avatar

唯一常温で気体の植物ホルモンはエチレンです。
エチレンには離層を形成し落葉を促進する働きがあります。
エチレンはアブシシン酸という植物ホルモンの作用によって合成されることも特徴です。

植物細胞の細胞分裂を促すサイトカイニン

高校 生物 植物生理9 演習1 演習1(3)
lecturer_avatar

植物細胞の細胞分裂を促進する植物ホルモンはサイトカイニンです。
植物の成長を促進する植物ホルモンとしては、他にもオーキシンがあげられます。
サイトカイニンとオーキシンはどのように異なるのでしょうか。

lecturer_avatar

サイトカイニンは植物細胞の細胞分裂を促進しました。
オーキシンには1つ1つの細胞を大きくする働きがあります。
それぞれの植物ホルモンの違いをおさえましょう。

高校 生物 植物生理9 演習1 すべてうめる
難関大合格パーソナルプログラム
植物生理(テスト1、第1問)
3
友達にシェアしよう!
難関大合格パーソナルプログラム

この授業のポイント・問題を確認しよう

植物生理

      会員登録をクリックまたはタップすると、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものとみなします。
      ご利用のメールサービスで @try-it.jp からのメールの受信を許可して下さい。詳しくは
      こちらをご覧ください。

      植物ホルモンと環境応答

      難関大合格パーソナルプログラム難関大合格パーソナルプログラム

      高校生物